海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.12.03
マレーシアの住宅購入奨励策「HOC」、累計販売は約180億リンギに

マレーシアのズライダ・カマルディン住宅・地方政府相はこのほど、初めてマイホームを購入する国民を支援するため、マレーシア政府が今年1月から年末まで実施している住宅購入支援策「ホーム・オーナーシップ・キャンペーン(HOC)」の累計販売実績を公表した。

同相によると、HOCを活用して購入された住宅は11月11日時点で計27,823戸、総額176億6,000万リンギ(約4,610億円)に上っており、年末までの販売目標としていた150億リンギを前倒しで達成したという。

HOCは国民の持ち家率の上昇と、デベロッパーが抱える過剰在庫の解消を目的に導入されたもので、初めてマイホームを購入する国民に対し、最低10%の値引きのほか、所有権譲渡や住宅ローン契約時の印紙税の免除などの優遇措置を提供している。

マレーシア不動産についての最新情報

マレーシア不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.01.24 NEW
マレーシア中銀が予防的利下げを決定、政策金利2.75%に

マレーシア中央銀行は22日に開催した金融政策委員会で、政策金利を3.00%から2.75%に引き下げることを決定した。利下げを行うのは2019年5月以来、8ヵ月ぶりとなる。 市場予想では、今回の会合で政策金利の変更はないと見られていたが、物価が低位で安定し...[記事全文]

2020.01.21
比不動産大手メガワールド、イロイロ市でオフィスビル2棟新設へ

フィリピンの不動産開発大手Megaworld(メガワールド)は17日、西ビサヤ地方の中心都市であるイロイロ市・マンドゥリャオで開発中の「Iloilo Business Park(イロイロ・ビジネス・パーク)」内に、新たにオフィスビル2棟を建設すると発表した。 ...[記事全文]

2020.01.20
19年12月の米住宅着工件数は16.9%増の161万戸、13年ぶり高水準

米商務省が17日に発表した2019年12月の米住宅着工件数(季節調整済・年率換算)は、前月比16.9%増の160万8,000戸となり、2006年12月以来、13年ぶりの高水準を記録した。 歴史的な低水準にある住宅ローン金利や良好な雇用情勢が引き続き追い風...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年12月03日