海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.12.04
九州電力が海外不動産開発に初参画、米アトランタで集合住宅

九州電力は3日、アメリカ現地法人「Kyuden Urban Development America」を設立し、ジョージア州アトランタの複合開発エリアにおける賃貸集合住宅開発事業に参画することを発表した。

九州電力が海外の不動産開発事業に参画するのは初。具体的な投資額は明らかにしていないものの、数十億円規模となる見込み。

九州電力が出資を行うのは、アトランタ市中心部の約4万㎡の敷地で進む、商業施設・オフィスビル・賃貸集合住宅で構成される複合開発プロジェクトの一環として誕生する、木造5階建て、全250戸の賃貸集合住宅「Alta Dairies Ⅱ(仮称)」。

本物件の開発は、三菱商事の現地子会社である「Diamond Realty lnvestments」と、米有力デベロッパー「Wood Partners」が共同で行う計画で、竣工は2021年4月を予定している。

なお、リーシングは建設の進捗に合わせて進められ、九州電力は一定程度のテナントが入居した段階で売却を計画しているという。

電力小売りの自由化などを背景に、日本国内の事業環境が厳しくなる中、九州電力は不動産投資を新たな収益の柱に据えたい考えで、同社の池辺和弘社長は、海外不動産事業について、「アメリカに限らず、今後も有望な地域があれば取り組みたい」と語っている。

九州電力参画プロジェクト「Alta Dairies Ⅱ(仮称)」開発イメージ
「Alta Dairies Ⅱ(仮称)」開発イメージ
(出所:九州電力

アメリカ不動産についての最新情報

アメリカ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.08.04 NEW
タイ人の英不動産投資が増加見通し、対バーツでのポンド安が追い風

米不動産サービス大手のジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)はこのほど、タイ人投資家によるイギリス・ロンドンの不動産投資が活発化するとの見方を示した。 ロンドンは元々、住宅の供給不足によって高い賃貸利回りと物件価格の上昇が期待できるうえに、タイ人学生の主要な...[記事全文]

2020.07.30
パタヤのコンド需要が拡大、富裕層が避難用に購入

タイの現地メディア、プーチャッカーンはこのほど、東部チョンブリ県のリゾート地パタヤで、高級コンドミニアムの需要が拡大していると報じた。背景には、新型コロナウイルスの第2波に対する警戒感から、国内外の富裕層が避難先として購入していることがあるという。 例えば、...[記事全文]

2020.07.28
米アマゾンがハワイの土地を初取得、ホノルル港至近に

米ネット通販大手アマゾンがこのほど、ハワイ州のホノルル港に近接する14.45エーカー(約58,500㎡)の工業用地を、125万ドル(約132億円)で購入したことが明らかとなった。同社がハワイで不動産を取得するのは、今回が初となる。 購入したのは...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年12月04日