海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.12.04 NEW
九州電力が海外不動産開発に初参画、米アトランタで集合住宅

九州電力は3日、アメリカ現地法人「Kyuden Urban Development America」を設立し、ジョージア州アトランタの複合開発エリアにおける賃貸集合住宅開発事業に参画することを発表した。

九州電力が海外の不動産開発事業に参画するのは初。具体的な投資額は明らかにしていないものの、数十億円規模となる見込み。

九州電力が出資を行うのは、アトランタ市中心部の約4万㎡の敷地で進む、商業施設・オフィスビル・賃貸集合住宅で構成される複合開発プロジェクトの一環として誕生する、木造5階建て、全250戸の賃貸集合住宅「Alta Dairies Ⅱ(仮称)」。

本物件の開発は、三菱商事の現地子会社である「Diamond Realty lnvestments」と、米有力デベロッパー「Wood Partners」が共同で行う計画で、竣工は2021年4月を予定している。

なお、リーシングは建設の進捗に合わせて進められ、九州電力は一定程度のテナントが入居した段階で売却を計画しているという。

電力小売りの自由化などを背景に、日本国内の事業環境が厳しくなる中、九州電力は不動産投資を新たな収益の柱に据えたい考えで、同社の池辺和弘社長は、海外不動産事業について、「アメリカに限らず、今後も有望な地域があれば取り組みたい」と語っている。

九州電力参画プロジェクト「Alta Dairies Ⅱ(仮称)」開発イメージ
出所:九州電力

アメリカ不動産についての最新情報

アメリカ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2019.12.04 NEW
19年Q3のKL高級オフィス賃料、超高層ビルの一部開業で4年ぶり上昇

英不動産サービス大手ナイトフランクはこのほど、アジア太平洋地域・主要20都市の高級オフィス賃貸市場に関する最新レポートを公表。同レポートによると、2019年第3四半期(7~9月)におけるマレーシア・クアラルンプール(KL)中心部の高級オフィス賃料は、前期比2.1%の上...[記事全文]

2019.12.03 NEW
マレーシアの住宅購入奨励策「HOC」、累計販売は約180億リンギに

マレーシアのズライダ・カマルディン住宅・地方政府相はこのほど、初めてマイホームを購入する国民を支援するため、マレーシア政府が今年1月から年末まで実施している住宅購入支援策「ホーム・オーナーシップ・キャンペーン(HOC)」の累計販売実績を公表した。 同相に...[記事全文]

2019.12.03 NEW
「ホテルJALシティバンコク」がトンローで20年春に開業へ

ホテルオークラのホテル運営子会社「オークラ・ニッコー・ホテルマネジメント」は、タイの首都バンコクのトンロー通りで、2020年第2四半期(4~6月)に「Hotel JAL City Bangkok(ホテルJALシティバンコク)」を開業することを発表した。「ホテルJALシ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年12月04日