海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.12.04
九州電力が海外不動産開発に初参画、米アトランタで集合住宅

九州電力は3日、アメリカ現地法人「Kyuden Urban Development America」を設立し、ジョージア州アトランタの複合開発エリアにおける賃貸集合住宅開発事業に参画することを発表した。

九州電力が海外の不動産開発事業に参画するのは初。具体的な投資額は明らかにしていないものの、数十億円規模となる見込み。

九州電力が出資を行うのは、アトランタ市中心部の約4万㎡の敷地で進む、商業施設・オフィスビル・賃貸集合住宅で構成される複合開発プロジェクトの一環として誕生する、木造5階建て、全250戸の賃貸集合住宅「Alta Dairies Ⅱ(仮称)」。

本物件の開発は、三菱商事の現地子会社である「Diamond Realty lnvestments」と、米有力デベロッパー「Wood Partners」が共同で行う計画で、竣工は2021年4月を予定している。

なお、リーシングは建設の進捗に合わせて進められ、九州電力は一定程度のテナントが入居した段階で売却を計画しているという。

電力小売りの自由化などを背景に、日本国内の事業環境が厳しくなる中、九州電力は不動産投資を新たな収益の柱に据えたい考えで、同社の池辺和弘社長は、海外不動産事業について、「アメリカに限らず、今後も有望な地域があれば取り組みたい」と語っている。

九州電力参画プロジェクト「Alta Dairies Ⅱ(仮称)」開発イメージ
「Alta Dairies Ⅱ(仮称)」開発イメージ
(出所:九州電力

アメリカ不動産についての最新情報

アメリカ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.01.21
比不動産大手メガワールド、イロイロ市でオフィスビル2棟新設へ

フィリピンの不動産開発大手Megaworld(メガワールド)は17日、西ビサヤ地方の中心都市であるイロイロ市・マンドゥリャオで開発中の「Iloilo Business Park(イロイロ・ビジネス・パーク)」内に、新たにオフィスビル2棟を建設すると発表した。 ...[記事全文]

2020.01.20
19年12月の米住宅着工件数は16.9%増の161万戸、13年ぶり高水準

米商務省が17日に発表した2019年12月の米住宅着工件数(季節調整済・年率換算)は、前月比16.9%増の160万8,000戸となり、2006年12月以来、13年ぶりの高水準を記録した。 歴史的な低水準にある住宅ローン金利や良好な雇用情勢が引き続き追い風...[記事全文]

2020.01.16
メガワールド、セブ・マクタン島で20階建てコンドを建設へ

フィリピンの不動産開発大手メガワールドは14日、セブ州・ラプラプ市のタウンシップ開発エリア「Mactan Newtown(マクタン・ニュータウン)」内に、5つ目のコンドミニアム「The Pearl Global Residences(ザ・パール・グローバル・レジデンス...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年12月04日