海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.12.04 NEW
マカティ市地下鉄、当初計画から1年前倒しで完成も

フィリピンで鉄道・不動産を手掛ける中国系デベロッパー「フィリピン・インフラデブ・ホールディングス(PIHI)」のアントニオ・ティウ社長兼最高経営責任者(CEO)は2日、同社を中心とするコンソーシアムが担当予定である、マニラ首都圏マカティ市の地下鉄「Makati City Subway(マカティ・シティ・サブウェイ)」の整備事業について、当初予定から1年前倒しして開通させることが可能との見方を示した。

PIHIは先週、環境天然資源省(DENR)から環境適合証書(ECC)を取得しており、地方政府からの建設許可が下りれば、すぐに工事を開始できる状態にあるという。ティウ氏は、年内に建設許可の取得とプロジェクトの着工を行いたい考えで、物事が計画通りに進めば、開通時期を当初予定の2025年から2024年に前倒しすることが可能だとしている。

マカティ市地下鉄は、マカティCBDのメイン通りである「アヤラ・アベニュー」と「EDSA」の交差点付近を起点に「マカティ市役所」などを経由し、パシッグ川沿いを通って「マカティ大学」や「マカティ病院」へと繋がる全長約10km・全10駅の路線。1日当たり約70万人の利用が見込まれており、深刻化する都心部の交通渋滞の緩和が期待されている。

参考情報:【コラム】マニラ首都圏で進む2つの地下鉄整備プロジェクトを解説!

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2019.12.04 NEW
19年Q3のKL高級オフィス賃料、超高層ビルの一部開業で4年ぶり上昇

英不動産サービス大手ナイトフランクはこのほど、アジア太平洋地域・主要20都市の高級オフィス賃貸市場に関する最新レポートを公表。同レポートによると、2019年第3四半期(7~9月)におけるマレーシア・クアラルンプール(KL)中心部の高級オフィス賃料は、前期比2.1%の上...[記事全文]

2019.11.29
マレーシア長期滞在ビザ「MM2H」、昨年7月以降で4487件を承認

マレーシアのモハマディン・ケタピ観光芸術文化相によると、2018年7月~2019年11月の間に、外国人向け長期滞在ビザ取得プログラム「マレーシア・マイ・セカンド・ホーム(MM2H)」の申請が9,439件なされ、そのうち4,487件を承認したことを明らかにした。 ...[記事全文]

2019.11.28
20年版QSアジア大学ランク、シンガポール国立大が2年連続で首位

イギリスの大学評価機関クアクアレリ・シモンズ(QS)は27日、2020年版「アジア大学ランキング」を発表し、シンガポール国立大学(NUS)が2年連続で首位となった。2位にはシンガポールの南洋理工大学(NTU)、3位には香港大学が入り、日本の大学では東京大学の13位が最...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年12月04日