海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.12.04
マカティ市地下鉄、当初計画から1年前倒しで完成も

フィリピンで鉄道・不動産を手掛ける中国系デベロッパー「フィリピン・インフラデブ・ホールディングス(PIHI)」のアントニオ・ティウ社長兼最高経営責任者(CEO)は2日、同社を中心とするコンソーシアムが担当予定である、マニラ首都圏マカティ市の地下鉄「Makati City Subway(マカティ・シティ・サブウェイ)」の整備事業について、当初予定から1年前倒しして開通させることが可能との見方を示した。

PIHIは先週、環境天然資源省(DENR)から環境適合証書(ECC)を取得しており、地方政府からの建設許可が下りれば、すぐに工事を開始できる状態にあるという。ティウ氏は、年内に建設許可の取得とプロジェクトの着工を行いたい考えで、物事が計画通りに進めば、開通時期を当初予定の2025年から2024年に前倒しすることが可能だとしている。

マカティ市地下鉄は、マカティCBDのメイン通りである「アヤラ・アベニュー」と「EDSA」の交差点付近を起点に「マカティ市役所」などを経由し、パシッグ川沿いを通って「マカティ大学」や「マカティ病院」へと繋がる全長約10km・全10駅の路線。1日当たり約70万人の利用が見込まれており、深刻化する都心部の交通渋滞の緩和が期待されている。

参考情報:【コラム】マニラ首都圏で進む2つの地下鉄整備プロジェクトを解説!

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.08.04 NEW
マニラ首都圏の外出制限が再厳格化、8月18日まで

フィリピンのドゥテルテ大統領は2日、マニラ首都圏とその近隣州で外出・移動制限措置を、8月4日~18日まで再び厳格化すると発表した。 マニラ首都圏では5月中旬から段階的に制限の緩和が進められており、先月31日には8月1日以降も緩やかな制限が継続される意向が示さ...[記事全文]

2020.07.31
ジョホール~シンガポール間の鉄道建設再開で合意、26年開通予定

マレーシアとシンガポールの両政府は30日、マレーシア南部ジョホール州とシンガポール北部ウッドランズを結ぶ高速輸送システム(RTS)の建設プロジェクトを再開させることで合意した。 同プロジェクトは、マレーシア側が政権交代に伴う財政支出の見直しの一環として、コス...[記事全文]

2020.07.20
フィリピンが長期ビザ保有者の入国を8月1日から再開へ

フィリピン政府はこのほど、長期滞在ビザ保有者の入国を8月1日から許可する方針を明らかにした。フィリピンでは、新型コロナウイルス感染抑制のため、3月下旬から外交関係者など一部を除き、外国人の入国を拒否していた。 入国が可能となるのは、すでに発給済みで有効期限内...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年12月04日