海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.12.16
マカティ市地下鉄、モノレール「スカイトレイン」と接続へ

フィリピンで鉄道・不動産を手掛ける中国系デベロッパーのフィリピン・インフラデブ・ホールディングス(PIHI)は13日、マニラ首都圏マカティ市で建設を進めている地下鉄「Makati City Subway(マカティ・シティ・サブウェイ)」について、マカティ市~タギッグ市の間に建設予定のモノレール「Skytrain(スカイトレイン)」に接続させる方針を発表した。

PIHI傘下の事業会社マカティ・シティー・サブウェイ(MCSI)と、モノレールを建設するInfracorp Development(インフラコープ・デベロップメント)の親会社Megaworld(メガワールド)が合弁会社を設立し、両路線の共通駅を開発する計画で、両社は60日以内に最終的な合意を締結する。

なお、共通駅はモノレールの始発・終着駅が設けられるマカティ市グアダルーペに開発される見通しで、他にもMRT(高架鉄道)3号線のグアダルーペ駅やパシッグ川の重要交通となる「パシッグフェリー」の乗り場とも接続するという。

マカティ・シティ・サブウェイは、マカティCBDのメイン通りである「アヤラ・アベニュー」と「EDSA」の交差点付近を起点に「マカティ市役所」などを経由し、パシッグ川沿いを通って「マカティ大学」や「マカティ病院」へと繋がる全長約10km・全10駅の路線で、2025年の開通を予定している。

一方、スカイトレインはMRT(高架鉄道)3号線マカティ市グアダルーペ駅~タギッグ市フォート・ボニファシオ地区にあるアップタウン・ボニファシオまでの2kmを5分で結ぶ路線で、2021年の開通を目指している。

参考情報:【コラム】マニラ首都圏で進む2つの地下鉄整備プロジェクトを解説!

マニラ首都圏モノレール「スカイトレイン」のイメージ画像
「スカイトレイン」のイメージ
(出所:Infracorp Development

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.04.15
比不動産大手メガワールドのオフィス事業、コロナ禍でも需要堅調

フィリピンの不動産開発大手メガワールドは14日、新型コロナウイルスの流行にも関わらず、2020年のオフィス新規貸出面積が13万5,000㎡と堅調に推移したことを明らかにした。 メガワールドの戦略責任者であるケビン・タン氏によると、借り手は主...[記事全文]

2021.04.14
21年1Qの比オフィス需要は22.5%増、IT・BPMセクターがけん引

フィリピンの不動産コンサルティング会社リーチウ・プロパティ・コンサルタンツ(LPC)によると、2021年第1四半期(1~3月)のオフィス需要は前期比22.5%増の10万9,000㎡となった。 需要をけん引したのは、IT・BPM(ビジネス・プ...[記事全文]

2021.04.13
マニラ首都圏のケーブルカー建設計画が承認、仏政府が資金提供

フィリピン運輸省(DOTr)はこのほど、国家経済開発庁(NEDA)に対して、マニラ首都圏のケーブルカー・トランジットシステムの建設プロジェクトを承認したことを明らかにした。 開発はフランス政府からの資金提供によって行われる予定で、すでにフランスのコンサル...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年12月16日