海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.12.23
ベトナムの総人口、9620万人で世界15位に

ベトナムの中央国勢調査指導委員会は19日、2019年の国勢調査結果、総人口が9,620万人になったと発表した。前回の国勢調査が行われた2009年から1,040万人増加しており、東南アジアではインドネシアとフィリピンに次ぐ3位、世界全体では15位の人口規模となっている。

性別ごとの人口を見ると、男性が4,788万人(49.8%)、女性が4,830万人(50.2%)。平均寿命は全体が73.6歳、男性が71歳、女性が76.3歳だった。また、年齢層ごとの人口比率を見ると、労働力や購買力の要となる15~64歳(生産年齢人口)の比率が68%に上り、65歳以上(老齢人口)の比率は7.7%となった。

その他、ベトナムの人口密度は1㎢当たり290人(前回調査比31人増)で、シンガポール(1㎢当たり8,292人)、フィリピン(1㎢当たり363人)に次ぐ数値となっている。

なお、ベトナム政府は2030年までの人口戦略として、総人口1億400万人、平均寿命75年、最低健康寿命68年を目標に掲げている。

ベトナム不動産についての最新情報

ベトナム不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.01.24 NEW
19年フィリピンGDP成長率は5.9%、予算成立の遅れ響き8年ぶり低水準

フィリピン統計庁(PSA)は23日、2019年の実質国内総生産(GDP)成長率が、前年比5.9%(速報値)になったと発表。政府目標の6.0%~6.5%を下回り、8年ぶりの低水準となった。 詳細を見ると、政府支出の伸び率が10.5%増と、前年の13.0%増...[記事全文]

2020.01.24 NEW
マレーシア中銀が予防的利下げを決定、政策金利2.75%に

マレーシア中央銀行は22日に開催した金融政策委員会で、政策金利を3.00%から2.75%に引き下げることを決定した。利下げを行うのは2019年5月以来、8ヵ月ぶりとなる。 市場予想では、今回の会合で政策金利の変更はないと見られていたが、物価が低位で安定し...[記事全文]

2020.01.17
ハノイにビンユニ大学が完成、越複合大手ビングループ設立

ベトナムの大手複合企業(コングロマリット)Vingroup(ビングループ)は15日、ハノイ市ザーラム群で開発を進めている新街区「Vinhomes Ocean Park(ビンホームズ・オーシャン・パーク)」の一角に建設した、非営利大学「VinUni(ビンユニ)」の落成式...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年12月23日