海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.01.08
リタイア後に住みたい国ランキング、ベトナムが10位にランクイン

アメリカの海外移住専門誌「International Living(インターナショナル・リビング)」は1日、リタイア後の生活拠点として最適な国かどうかを評価した「Global Retirement Index(グローバル・リタイアメント・インデックス)」(2020年版)を公表し、ベトナムが総合スコア76ポイントで10位に選出された。

同インデックスは世界24ヵ国を対象に、リタイア後の理想的な生活の指標として、「住宅」「特典・割引」「ビザ・居住」「生活費」「溶け込みやすさ・娯楽」「ヘルスケア」「開発」「気候」「ガバナンス」「機会」の10項目で評価したもので、ベトナムは「生活費」が92ポイントと高い評価を受けた。

なお、ランキングのトップ10にはベトナムのほか、ポルトガル、パナマ、コスタリカ、メキシコ、コロンビア、エクアドル、マレーシア、スペイン、フランスが名を連ねた。

ホーチミン市・サイゴン大教会の写真
ホーチミン市のシンボル「サイゴン大教会」

Global Retirement Indexのトップ10と主要項目の評価
順位 ビザ・居住 気候 ヘルスケア 生活費 総合スコア
1 ポルトガル 75 88 98 85 86
2 パナマ 95 80 94 89 85.8
3 コスタリカ 88 80 96 82 85.3
4 メキシコ 86 86 88 86 83.8
5 コロンビア 88 87 94 88 83.4
6 エクアドル 88 87 84 90 82
7 マレーシア 93 62 93 85 81.9
8 スペイン 70 72 97 81 76.8
9 フランス 68 82 85 66 76.4
10 ベトナム 68 60 84 92 76

出所:International Living

ベトナム不動産についての最新情報

ベトナム不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.08.07 NEW
ベトナムの国際線再開計画、東京含む6都市と週1便を検討

ベトナム運輸省はこのほど、国際線の再開に向け、ベトナムと日本を含む6ヵ国の都市との間を週1便ずつ運航する計画案を提出した。 計画案によると、再開対象はダナン~中国・広州、ハノイ~東京、ハノイ~韓国・ソウル、ホーチミン市~台湾・台北、クアンニン~ラオス・ビエン...[記事全文]

2020.08.06 NEW
越不動産会社サンシャイン、ホーチミン市4区で高級コンド開発へ

ベトナムの不動産開発会社サンシャイン・グループはこのほど、ホーチミン市4区で高級コンドミニアム「サンシャイン・ホライズン」を開発することを正式に発表した。完成は2022年第4四半期(10~12月)を予定している。 トンタットトゥエット通りの2.4ヘクタールの...[記事全文]

2020.08.04 NEW
マニラ首都圏の外出制限が再厳格化、8月18日まで

フィリピンのドゥテルテ大統領は2日、マニラ首都圏とその近隣州で外出・移動制限措置を、8月4日~18日まで再び厳格化すると発表した。 マニラ首都圏では5月中旬から段階的に制限の緩和が進められており、先月31日には8月1日以降も緩やかな制限が継続される意向が示さ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年01月08日