海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.01.10
馬不動産大手サンウェイ、19年の販売目標は3割増の20億リンギ

マレーシアの複合大手Sunway Group(サンウェイ・グループ)の不動産部門「Sunway Property(サンウェイ・プロパティ)」は、2019年の販売目標を前年比約3割増の20億リンギ(約536億円)に設定した。

同社のサレナ・チア社長によると、今年は約35億リンギ(約938億円)相当の不動産を発売する予定で、そのうち約7割に当たる24億4,000万リンギ(約654億円)がシンガポールのプロジェクト、残りがマレーシアのプロジェクトになるという。

マレーシアでは、クアラルンプールで「Sunway Avila Retail」(3,100万リンギ)、「Sunway Velocity TWO Tower C」のサービスアパートメント(3億リンギ)、 「Sunway Belfield Tower A」のサービスアパートメント(3億6,000万リンギ)などの発売を計画。その他、 ペナンで「Sunway Valley City」のショップスペース(2億5,000万リンギ)、ジョホールで「Sunway Mapple」のタウンハウス(1億リンギ)などを発売する。

また、シンガポールでは高級コンドミニアム「Parc Canberra」(5億6,000万リンギ)、「Ki Residences」(10億リンギ)、「Park Avenue Residences」(8億8,000万リンギ)の3プロジェクトをローンチする。

なお、サンウェイ社は昨年、販売目標を13億リンギ(約348億円)に設定していたが、実際には目標を2割上回る15億5,000万リンギを販売している。

マレーシア不動産についての最新情報

マレーシア不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.01.24 NEW
マレーシア中銀が予防的利下げを決定、政策金利2.75%に

マレーシア中央銀行は22日に開催した金融政策委員会で、政策金利を3.00%から2.75%に引き下げることを決定した。利下げを行うのは2019年5月以来、8ヵ月ぶりとなる。 市場予想では、今回の会合で政策金利の変更はないと見られていたが、物価が低位で安定し...[記事全文]

2020.01.21 NEW
比不動産大手メガワールド、イロイロ市でオフィスビル2棟新設へ

フィリピンの不動産開発大手Megaworld(メガワールド)は17日、西ビサヤ地方の中心都市であるイロイロ市・マンドゥリャオで開発中の「Iloilo Business Park(イロイロ・ビジネス・パーク)」内に、新たにオフィスビル2棟を建設すると発表した。 ...[記事全文]

2020.01.20
19年12月の米住宅着工件数は16.9%増の161万戸、13年ぶり高水準

米商務省が17日に発表した2019年12月の米住宅着工件数(季節調整済・年率換算)は、前月比16.9%増の160万8,000戸となり、2006年12月以来、13年ぶりの高水準を記録した。 歴史的な低水準にある住宅ローン金利や良好な雇用情勢が引き続き追い風...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年01月10日