海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.01.10
馬不動産大手サンウェイ、19年の販売目標は3割増の20億リンギ

マレーシアの複合大手Sunway Group(サンウェイ・グループ)の不動産部門「Sunway Property(サンウェイ・プロパティ)」は、2019年の販売目標を前年比約3割増の20億リンギ(約536億円)に設定した。

同社のサレナ・チア社長によると、今年は約35億リンギ(約938億円)相当の不動産を発売する予定で、そのうち約7割に当たる24億4,000万リンギ(約654億円)がシンガポールのプロジェクト、残りがマレーシアのプロジェクトになるという。

マレーシアでは、クアラルンプールで「Sunway Avila Retail」(3,100万リンギ)、「Sunway Velocity TWO Tower C」のサービスアパートメント(3億リンギ)、 「Sunway Belfield Tower A」のサービスアパートメント(3億6,000万リンギ)などの発売を計画。その他、 ペナンで「Sunway Valley City」のショップスペース(2億5,000万リンギ)、ジョホールで「Sunway Mapple」のタウンハウス(1億リンギ)などを発売する。

また、シンガポールでは高級コンドミニアム「Parc Canberra」(5億6,000万リンギ)、「Ki Residences」(10億リンギ)、「Park Avenue Residences」(8億8,000万リンギ)の3プロジェクトをローンチする。

なお、サンウェイ社は昨年、販売目標を13億リンギ(約348億円)に設定していたが、実際には目標を2割上回る15億5,000万リンギを販売している。

マレーシア不動産についての最新情報

マレーシア不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.07.13 NEW
比不動産開発大手アヤラのREIT上場が承認、国内初

フィリピン証券取引委員会(SEC)は10日、不動産開発大手アヤラ・ランド(ALI)傘下の不動産投資法人「AREIT(Aリート)」が発行体となる、国内初の不動産投資信託(REIT)の上場計画を承認したと発表した。 新型コロナウイルスの流行によって今年のフィリピ...[記事全文]

2020.07.13 NEW
19年のマレーシア世帯月収は5873リンギ、過去4年間の増加率は3.9%

マレーシア統計局によると、2019年の世帯月収は5,873リンギ(約14万7,000円)となり、前回調査(16年)からの増加率は年率3.9%だった。都市部が年率3.8%増の6,561リンギ、地方が同3.3%増の3,828リンギとなった。 州・連邦直轄区別に見...[記事全文]

2020.07.08
マレーシア中銀が政策金利を1.75%に引き下げ、過去最低に

マレーシア中央銀行は7日に開催した金融政策委員会で、政策金利を2.00%から1.75%に引き下げることを決めた。利下げを行うのは4会合連続で、金利水準は過去最低を更新した。 新型コロナウイルスの流行に伴い導入した活動制限令が緩和され、国内経済は回復に向かい始...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年01月10日