海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.01.20
シンガポールのMRTイーストコースト線、第2期区間が年内開業へ

シンガポールの陸上交通庁(LTA)は17日、地下鉄(MRT)トムソン・イーストコースト線(TEL)の第2期区間を、2020年後半にも開業すると発表した。

第2期区間はスプリングリーフ駅~カルデコット駅までの6駅で、カルデコット駅は既存のMRTサークル線(CCL)とリンクする。

TELは北部ウッドランズ・ノース駅から東南部スンガイ・ベドック駅までを結ぶ、全長43km・全32駅の路線で全線開通は2024年を予定。また、第1期区間の3駅(ウッドランズ・ノース駅~ウッドランズ・サウス駅)は、2020年1月31日に開業予定となっている。全線開通後の数年間は、1日当たり約50万人の利用者を見込んでいるが、最終的な利用者は約100万人にまで拡大する見通し。

なお、TELの各駅に設けられる商業施設の運営権は、JR東日本のシンガポール現地法人JR東日本東南アジア事業開発と複数の地場企業から成るコンソーシアム(企業連合)が獲得している。

トムソン・イーストコースト線の駅構内の写真
トムソン・イーストコースト線の駅構内
(出所:Land Transport Authority

シンガポール不動産についての最新情報

シンガポール不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.01.16
ホノルル鉄道、今年10月20日に一部区間の運行開始へ

ホノルル高速交通公社(HART)のアンドリュー・ロビンス最高経営責任者(CEO)はこのほど、ハワイ州初の鉄道として整備を進めている「Honolulu Rail Transit(ホノルル・レール・トランジット)」について、最初の10マイルの区間(イースト・カポレイ~アロ...[記事全文]

2020.01.14
シンガポールのオフィス賃料、24年まで年平均3.3%上昇の見通し

米系不動産サービス大手Colliers International(コリアーズ・インターナショナル)は、13日に公表したアジアの商業用不動産市場の見通しに関するレポート「Asia Market Outlook 2020」の中で、2019年~2024年にかけてシンガポー...[記事全文]

2020.01.08
リタイア後に住みたい国ランキング、ベトナムが10位にランクイン

アメリカの海外移住専門誌「International Living(インターナショナル・リビング)」は1日、リタイア後の生活拠点として最適な国かどうかを評価した「Global Retirement Index(グローバル・リタイアメント・インデックス)」(2020年版...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年01月20日