海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.01.21
比不動産大手メガワールド、イロイロ市でオフィスビル2棟新設へ

フィリピンの不動産開発大手Megaworld(メガワールド)は17日、西ビサヤ地方の中心都市であるイロイロ市・マンドゥリャオで開発中の「Iloilo Business Park(イロイロ・ビジネス・パーク)」内に、新たにオフィスビル2棟を建設すると発表した。

開発するのは「Enterprise One(エンタープライズ・ワン)」と「Enterprise Two(エンタープライズ・ツー)」で、2022年の完成を予定。どちらも12階建てのオフィスビルとなり、完成後に新たに供給されるオフィススペースは約7万8,000㎡に上る。

また、最新の建築設計を採用することで、環境に配慮した建物に与えられる米国グリーンビルディング協会の「LEED」認証取得を目指すとしている。

現在、メガワールドは約72ヘクタールに及ぶイロイロ・ビジネス・パークの敷地内で、8棟のオフィスビルを運営。オフィス供給スペースは6万5,000㎡に上り、入居率は100%に達している。

そのため、メガワールドは同ビジネスパーク内で他にも、「One Fintech Place A(ワン・フィンテック・プレイスA)」「One Fintech Place B(ワン・フィンテック・プレイスB)」の2棟(オフィススペース計3万5,000㎡)を建設中で、いずれも2021年に完成予定となっている。

メガワールドのオフィス不動産部門Megaworld Premiere Offices(メガワールド・プレミア・オフィス)の副社長ローランド・チョンソン氏は、「2022年までにオフィス供給スペースは約175,000㎡に達し、イロイロ市で最大のオフィス事業者となる。これらのオフィスビルは、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)産業を中心に、約62,000人の雇用を生み出す」としている。

イロイロ市のオフィスビル「エンタープライズ・ワン&ツー」の開発イメージ
「エンタープライズ・ワン&ツー」の開発イメージ
(出所:Megaworld

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.02.20 NEW
20年1月の米住宅着工件数は3.6%減も、許可件数は13年ぶり高水準

米商務省が19日に発表した2020年1月の住宅着工件数(季節調整済み・年率換算)は、前月比3.6%減の156万7,000戸となった。また、2019年12月の住宅着工件数については、当初発表の160万8,000戸から162万6,000戸に上方修正された。 ...[記事全文]

2020.02.19 NEW
ベトナム資源環境省、コンドテルの所有権に関するガイダンスを公表

ベトナムの天然資源環境省は14日、コンドテル(ホテル運営を目的としたコンドミニアム)やオフィステル(オフィスとしても住居としても利用できる物件)のように、通常の住宅ではない建物の土地使用権および建物所有権の証明書(レッドブック)の発給に関するガイダンスを、各地方の天然...[記事全文]

2020.02.18 NEW
19年の訪フィリピン外国人観光客、過去最高の826万人

フィリピン観光省によると、2019年に同国を訪れた外国人観光客数は前年比15.2%増の826万913人となり、過去最高を記録した。また、政府が目標としていた820万人も上回った。 観光省によると、航空路線の拡充によるアクセス性の向上や、民間セクターと一体...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年01月21日