海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.01.29
日本生命が海外不動産・インフラ投資を拡大、今後5年で3500億円

日本生命は28日、海外の不動産やインフラを投資対象とするファンドに、今後5年間で新たに3,500億円を投資することを発表した。

日本生命による同分野への投資残高はこれまで約1,800億円だったが、来年度末にはほぼ倍増させる方針であるなど、今後、投資残高を大幅に引き上げる方針で、国内生命保険会社としては過去最大規模の海外不動産・インフラ投資となる見通し。

低金利環境が長期化する中、同社は利回り確保のため、株式や債券などの伝統的なアセットクラス以外に投資をする「オルタナティブ投資(代替投資)」を拡大する方針をすでに明らかにしており、今回の海外投資の拡大はその一環となる。

日本生命によると、投資は米英の資産運用現地法人が手掛ける複数のファンドを束ねた「ファンド・オブ・ファンズ」経由で実施。今年3月までに、不動産ファンドに約2,820億円、インフラファンドに約650億円を投資する契約を締結する。

投資利回りは8%前後を想定しており、5年後には年間280億円程度の収益を確保できると見ている。

海外不動産についての最新情報

海外不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.09.17 NEW
フアヒンの超高級コンド「インターコンチ」、コロナ禍でも販売好調

タイの不動産開発会社プラウド・リアル・エステートはこのほど、南部フアヒンのペットカセム通り沿いで開発を進めている超高級コンドミニアム「インターコンチネンタル・レジデンシズ・フアヒン」(全238戸、2022年完成予定)の売約率が、65%を超えたことを明らかにした。 ...[記事全文]

2020.09.16
越不動産大手FLC、中部クアンチ省の新空港建設に協力の意向

ベトナムの不動産開発大手FLCグループはこのほど、中部クアンチ省ゾーリン郡で政府が検討しているクアンチ空港の建設計画について、事業化調査と建設投資を行う準備があることを明らかにした。 FLCはクアンチ省人民委員会などに提出した文書の中で、空港建設によって国内...[記事全文]

2020.09.14
住友林業、バンコク北郊で一戸建てプロジェクトを分譲開始へ

日本の大手ハウスメーカーである住友林業は今月19日、タイの住宅開発大手プロパティー・パーフェクト(PF)と合弁で、バンコク北郊パトゥムタニ県にて進めている一戸建て住宅分譲プロジェクト「レイクフォレスト」の第1フェーズの分譲を開始する。レイクフォレストは、住友林業にとってタ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年01月29日