海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.02.27
ブラックストーンが英学生寮を購入、ゴールドマンから47億ポンドで

世界最大級のプライベートエクイティ(PE)ファンドであるブラックストーン・グループはこのほど、イギリスの学生寮運営を手掛ける「IQ Student Accommodation(IQ スチューデント・アコモデーション)」を、米金融大手ゴールドマン・サックスから46億6,000万ポンド(約6,640億円)で買収することで合意したことを明らかにした。イギリスの民間不動産取引としては、過去最大規模になるという。

IQ スチューデントは、イギリス各地で学生寮の所有・運営を行っており、所有物件の収容人数は合計28,000人以上に上る。ブラックストーンは、IQ スチューデントの所有物件の多くについて、改修や拡張を行う予定だとしている。

イギリス経済を巡ってはEU離脱に伴う不透明感があるものの、プライベートエクイティファンドはイギリスの不動産市場への投資を拡大している。中でも、学生数が利用可能な部屋数を大きく上回っている状況であることから、イギリスの学生寮への関心は高く、ブラックストーンの欧州不動産責任者であるジェームズ・セパラ氏は、「イギリスは高等教育機関の数が多く、グローバルな観点から非常に良いポジションにある」と語っている。

なお、イギリスの不動産コンサルティング会社ナイトフランクによると、同国の学生向け住宅の市場規模は500億ポンド超に上るという。

【参考】イギリス・利回り保証付き学生寮物件「NATEX(ネイテックス)」

イギリス不動産についての最新情報

イギリス不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.05.07 NEW
英経済は年内にコロナ前の水準を回復へ、英中銀予測

イギリスの中央銀行に相当するイングランド銀行(BOE)は6日、2021年通年のGDP成長率を7.25%へと大幅に上方修正(従来予想は5%)したうえで、新型コロナウイルスの流行によって打撃を受けた国内経済が、年内に流行前の水準を回復するとの見通しを示した。 ...[記事全文]

2021.05.06 NEW
ハワイ州議会、高級住宅の譲渡税引き上げ法案を可決

ハワイ州議会はこのほど、高級住宅の譲渡税を引き上げる法案(House Bill 58)を可決した。今後、ハワイ州のデービッド・イゲ知事が承認すれば、同法案が施行されることとなる。 今回の法案がそのまま施行された場合、低中価格帯の物件においては税率の変更は...[記事全文]

2021.05.06 NEW
イギリスが社会的距離ルールの廃止を検討、6月21日にも

イギリスのボリス・ジョンソン首相は3日、新型コロナウイルス対策として実施している「1メートル超」の社会的距離ルール(ソーシャル・ディスタンス)について、イングランドでは6月21日から廃止できる可能性があると発表した。 イギリスではワクチン接種が順調に進ん...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年02月27日