海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.10.23
越不動産開発BCGランド、クイニョン市でリゾート開発へ

ベトナムの投資会社バンブー・キャピタル・グループ(BCG)傘下の不動産開発会社BCGランドは20日、中南部ビンディン省クイニョン市で高級リゾート「カサ・マリーナ・プレミアム・クイニョン」の開発に着手した。

同プロジェクトは、クイニョン市中心部から南に約13kmにあるバイセップ地区の12ヘクタールの用地に約1兆億ドン(約45億円)を投じ、ヴィラ160戸を開発。BCGランドが手掛けた既存のビーチリゾート「カサ・マリーナ・リゾート」の裏手の山の斜面に造られるため、各ヴィラからオーシャンビューを堪能できるという。

設計はフランスのユニ・アーキテクトが行い、施行はインフラや不動産の開発を手掛けるホーチミン証券取引所(HOSE)上場の運輸交通投資開発公社(トラコディ)が担当。2022年~23年にかけての完成を予定しており、完成後はアメリカを本拠とする国際的ホテルチェーン「ラディソン・ホテル・グループ(RHG)」が、「ラディソンブル」ブランドとして運営を行う。

「カサ・マリーナ・プレミアム・クイニョン」の開発イメージ
「カサ・マリーナ・プレミアム・クイニョン」の開発イメージ
(出所:BCGランド

ベトナム不動産についての最新情報

ベトナム不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.06.16
中国人のタイ不動産への関心が回復、照会件数はコロナ前上回る

中国の大手海外不動産サイト「居外網(Juwai.com)」を運営する居外IQI(Juwai IQI)によると、2021年第1四半期(1~3月)の中国人投資家によるタイ不動産に関する照会件数は、前年同期比38%増加。2四半期連続で、新型コロナウイルスが流行する前の水準を...[記事全文]

2021.06.10
著名音楽プロデューサー長戸大幸氏、ワイキキの商業物件を購入

B'zやTUBE、ZARDなど数々の人気アーティストのプロデュースしてきた、大手音楽プロダクション「ビーイング」の共同創業者である長戸大幸氏がこのほど、ハワイ州ワイキキ中心部にある約4,108sqft(約380㎡)の商業不動産を、476万ドル(約5億2,...[記事全文]

2021.06.08
21年5月のオアフ島住宅市場、売買件数・価格ともに大幅上昇

ホノルル不動産協会(HBR)が発表した最新の市況レポートによると、2021年5月のオアフ島における一戸建て住宅の販売件数は、前年同月比63.3%増の405戸となった。また、販売価格の中央値は同22.7%増の97万8,000ドル(約1億600万円)と、過去最高を記録した...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年10月23日