海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.12.02
日系中小企業の有望な事業展開先、ベトナムが7年連続で首位

日本政策金融公庫がこのほど公表した、日系中小企業の海外現地法人を対象に実施した調査レポートによると、今後の事業展開における有望国・地域としてベトナムが7年連続で首位となったことがわかった。

調査は今年8月下旬~9月に実施され、1,529社(ASEAN:44.0%、中国:37.3%、その他:18.6%)が回答。それによると、「今後3年程度の事業展開における有望国・地域」との設問に対し、ベトナムと回答した企業は28%に上り、2位以下に大差をつけてのトップとなった。

なお、トップ10には以下、中国(7.4%)、ミャンマー(7.3%)、インド(6.2%)、インドネシア(6.1%)、アメリカ(6.0%)、タイ(5.9%)、フィリピン(3.9%)、台湾(1.8%)、メキシコ(1.6%)と続いた。

ベトナムを有望だと考える理由としては、「現地市場の将来性が高い」が回答の50%を占めて最多。その他、「労働力が豊富(46.6%)」、「政治・社会情勢が安定している(26.7%)」といった回答も多かった。

また、日本政策金融公庫は、ベトナムが新型コロナウイルスの封じ込めに成功しており、他国と比べて影響が比較的小さいことも関心度の高さに繋がったと見ている。

ベトナム不動産についての最新情報

ベトナム不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.01.15 NEW
米ホテル大手ハイアット、ベトナム南部ホーチャムでリゾート開発へ

米ホテル運営大手ハイアット・ホテル&リゾーツはこのほど、ベトナムの不動産開発会社IFFホールディングスと提携し、同国南部バリアブンタウ省ホーチャムで高級リゾート施設「ハイアットリージェンシー・ホーチャム・リゾート&スパ」の開発を進めることを明らかにした。 ...[記事全文]

2021.01.14
越不動産開発APEC、ホアビン省で温泉リゾート開発へ

ベトナムの不動産投資・開発会社APECインベストメントはこのほど、今後5年間で北部ホアビン省に総額20億ドル(約2,080億円)を投じ、国際水準の温泉リゾート施設「マンダラ・ホットスプリング・リトリート・キムボイ」を開発することを明らかにした。 APEC...[記事全文]

2021.01.12
フィッチがフィリピンの格付けを据え置き、21年は6.9%成長を予測

英米系の大手格付け会社フィッチ・レーティングスは10日、フィリピンの外貨建て長期国際の信用格付けを投資適格級である「BBB」に据え置くことを発表した。また、見通しについても「ステーブル(安定的)」を維持した。 新型コロナウイルスで打撃を受けた国内経済を支える...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年12月02日