海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.12.17
ベトナムは23年までに上位中所得国へ、日本経済研究センター予測

日本経済研究センター(JCER)はこのほど、アジア・太平洋地域の15ヵ国・地域を対象に今後15年間の経済見通しをまとめたレポート「コロナ禍のアジア、浮上するのはどこか」を公表。その中で、2023年までにベトナムは一人当たり国民総所得(GNI)が1万1,000ドル(約114万円)となり、上位中所得国入りするとの予測を示した。

現在、世界銀行が発表している所得分類では、一人当たりGNIが4,046ドル~1万2,535ドルの国を上位中所得国と定義している。

レポートでは、2つの想定シナリオの基でコロナ禍の影響を分析し、名目国内総生産(GDP)や一人当たり所得などを予測。新型コロナウイルスが足元の経済のみに打撃を与え、今後4~5年で影響が収束する「標準シナリオ」では、対象15ヵ国・地域のうち2020年のGDP成長率が前年比でプラスを維持するのは、ベトナム、中国、台湾のみだと予想している。

また、ベトナムは来年以降も堅調な輸出に支えられて、6%前後の経済成長率を維持すると見ており、2035年には経済規模で台湾を上回ると予測。東南アジアでも、インドネシアに次ぐ2番目の経済規模になると見ている。

一方、「グローバル化」「都市化」「イノベーションの進展」といった構造的なトレンドに影響を及ぼし、中期的な潜在成長率が変化する「深刻化シナリオ」では、2035年時点でもベトナムの経済規模は依然として台湾を下回ると予想されている。

ベトナム不動産についての最新情報

ベトナム不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.04.30
ベトナムの21年GDP成長率予想を6.7%増に上方修正、アジア開発銀行

アジア開発銀行(ADB)は28日、2021年通年のベトナムのGDP成長率見通しを、6.7%増に上方修正(従来予想は6.3%増)した。公共投資の拡大に加え、海外直接投資(FDI)や輸出の増加が力強い成長に寄与すると見ている。 詳細を見ると、ADBは2021...[記事全文]

2021.04.23
2021年のベトナムGDP成長率は6.3%に上振れの可能性、VEPR予測

ベトナム経済政策研究所(VEPR)はこのほど、2021年の同国GDP成長率が前年比6.0~6.3%に達する可能性があるとの見解を示した。VEPRが今年2月に公表したマクロ経済報告書では、基本シナリオとして5.6~5.8%の成長が予測されていたが、現在のマクロ経済環境が...[記事全文]

2021.04.16
越バンブー航空、21年3QにNY証券取引所への上場目指す

ベトナムの不動産開発大手FLCグループの子会社バンブー・エアウェイズはこのほど、2021年第3四半期(7~9月)に米ニューヨーク証券取引所(NYSE)で新規株式公開(IPO)を行い、2億ドル(約220億円)の調達を目指す方針を明らかにした。 FLCグルー...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年12月17日