海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2021.01.29
20年の米GDP成長率は3.5%減、74年ぶりのマイナス幅

米商務省によると、2020年通年の実質GDP成長率(速報値)は前年比3.5%減と、1946年以来の大幅な落ち込みを記録した。新型コロナウイルスの流行によって、飲食業や航空業、観光業などのサービス業を中心に大きな打撃を受けたことで失業者が大幅に増加し、消費が抑制されたことが響いた。

詳細を見ると、米経済の約7割を占める個人消費が前年比3.9%減となり、1932年以来の大幅なマイナスを記録。政府による現金給付などの効果で第3四半期(7~9月)は41%の急増となったものの、第4四半期(10~12月)には2.5%増と伸びが大きく鈍化しており、消費の回復が依然として政策頼みである様子がうかがえる結果となっている。

一方、数少ない好調なセクターとなったのが住宅市場と製造業。新型コロナウイルスの流行で在宅勤務を行う人が増える中、より広い家を求めて都市部から郊外に移住する人が増加したため、住宅投資は33.5%増と大幅に拡大した。また、在宅勤務・学習のためにパソコンなど電子機器の需要が拡大した中、設備投資も13.8%増と堅調だった。

アメリカ不動産についての最新情報

アメリカ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.05.06 NEW
米劇場街ブロードウェイ、9月に全面再開へ

米ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は5日、劇場街ブロードウェイを9月14日から全面的に再開することを発表した。ミュージカルの聖地として知られるブロードウェイは、新型コロナウイルスの本格的な流行が始まった昨年3月以降、感染防止のために劇場が閉鎖されていた。 ...[記事全文]

2021.04.30
21年1Qの米GDP成長率は6.4%増、個人消費が伸び3四半期連続プラス

米商務省によると、2021年第1四半期(1~3月)の実質GDP成長率(速報値)は、年率換算で前期比6.4%増加し、3四半期連続でプラス成長を記録した。第1四半期としては、1984年以来の高成長となる。 詳細を見ると、米経済の約7割を占める個人消費が10....[記事全文]

2021.04.28
米国のワクチン接種者、マスク未着用で一部屋外活動が可能に

米疾病対策センター(CDC)は27日、新型コロナウイルスのワクチン接種を終えた人を対象とする新たな行動指針を公表。免疫獲得に必要な回数のワクチン接種を完了し、2週間を経過した人は、マスク未着用での一部屋外活動を認めるとした。 これにより、ワクチン接種完了...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2021年01月29日