海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2021.01.29
20年の米GDP成長率は3.5%減、74年ぶりのマイナス幅

米商務省によると、2020年通年の実質GDP成長率(速報値)は前年比3.5%減と、1946年以来の大幅な落ち込みを記録した。新型コロナウイルスの流行によって、飲食業や航空業、観光業などのサービス業を中心に大きな打撃を受けたことで失業者が大幅に増加し、消費が抑制されたことが響いた。

詳細を見ると、米経済の約7割を占める個人消費が前年比3.9%減となり、1932年以来の大幅なマイナスを記録。政府による現金給付などの効果で第3四半期(7~9月)は41%の急増となったものの、第4四半期(10~12月)には2.5%増と伸びが大きく鈍化しており、消費の回復が依然として政策頼みである様子がうかがえる結果となっている。

一方、数少ない好調なセクターとなったのが住宅市場と製造業。新型コロナウイルスの流行で在宅勤務を行う人が増える中、より広い家を求めて都市部から郊外に移住する人が増加したため、住宅投資は33.5%増と大幅に拡大した。また、在宅勤務・学習のためにパソコンなど電子機器の需要が拡大した中、設備投資も13.8%増と堅調だった。

アメリカ不動産についての最新情報

アメリカ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.03.31
21年1月の米ケースシラー住宅価格指数は11.1%増、15年ぶりの高い伸び

米調査会社S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが30日に発表した2021年1月のS&P/ケース・シラー住宅価格指数(主要20都市圏/2000年1月=100)は、前年同月比11.1%上昇の242.98となり、2006年2月以来の高い伸びを記録した。 歴史的な低...[記事全文]

2021.03.24
21年2月の米新築住宅販売は18.2%減、寒波で客足鈍る

米商務省によると、2021年2月の新築一戸建て住宅販売件数(季節調整済・年率換算)は、前月比18.2%減の77万5,000戸となった。ただ、前年同月比では8.2%増加した。 歴史的な低水準にある住宅ローン金利や、新型コロナウイルスの流行に伴う郊外住宅への...[記事全文]

2021.03.23
21年2月の米中古住宅販売は6.6%減、在庫不足や寒波が影響

全米不動産協会(NAR)によると、2021年2月の中古住宅販売件数(季節調整済)は、年率換算で前月比6.6%減の622万戸と、2020年8月以来、6ヵ月ぶりの低水準を記録した。 NARは、深刻な在庫不足を背景に価格が高騰していることが、販売数減少の要因だと指...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2021年01月29日