海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2021.07.21
米ホテル大手マリオット、マレーシアで年内に3つのホテルを開業へ

米ホテル大手マリオット・インターナショナルはこのほど、2021年第4四半期(10~12月)にマレーシアで新たに3つのホテルを開業することを明らかにした。

首都クアラルンプール、ジョホール州デサル、ペナン州ローンパインの3地域で、中価格ブランドである「フェアフィールド・バイ・マリオット」や「フォーポイント・バイ・シェラトン」などを展開する予定だという。

同社のシンガポール・マレーシア・モルディブ事業の副責任者であるリベロ・デルガド氏は、コロナ禍が観光業界にも大きな影響を与えている中、変化する市場のニーズに合わせてビジネスモデルを調整していく必要があるとしながらも、「2020年だけでも我々はアジア太平洋地域で約27,000室を追加した。これは、今後の旅行に対する我々の自身の表れだ」とコメントし、先行きに楽観的な見方を示している。

マレーシア不動産についての最新情報

マレーシア不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2022.09.22 NEW
アジア開発銀行、22年の東南ア経済成長見通しを5.1%に上方修正

アジア開発銀行(ADB)はこのほど、アジア太平洋の新興国46ヵ国・地域の経済見通しをまとめた「アジア経済見通し(2022年改定版)」を公表した。 これによると、東南アジア(東ティモール含む11ヵ国)の2022年経済成長率見通しは、4月時点の4.9%から5...[記事全文]

2022.09.22 NEW
「ベトナムのハイテク分野への外資流入続く」、英系ファンド見解

英系ファンド運用会社ビナ・キャピタルでチーフエコノミストを務めるマイケル・コカラリ氏は、ベトナムのハイテク分野に対する積極的な海外直接投資(FDI)が、今後も長年に渡って同国経済の成長の原動力になるとの見解を示した。 ベトナムに対しては現在、半導体生産工...[記事全文]

2022.09.21
22年8月の米住宅着工件数は12.2%増、2ヵ月ぶりに増加

米商務省によると、2022年8月の住宅着工件数(季節調整済み)は、年率換算で前月比12.2%増の157万5,000戸となり、2ヵ月ぶりに増加に転じた。急激な上昇が続いていた住宅ローン金利が、8月に一時的に低下したことが消費者心理の改善に繋がった可能性がある。 ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2021年07月21日