海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2021.09.15
比不動産大手ロビンソンズ、国内最大規模のREITを上場

フィリピンの不動産開発大手ロビンソンズ・ランド(RLC)の不動産投資信託(REIT)法人であるRLコマーシャルREIT(RCR)が14日、フィリピン証券取引所に上場した。調達額は235億3,000万ペソ(約518億円)に上り、国内REITとしては最大規模となる。

フィリピンにおけるREITの上場は、アヤラランドの「AREIT」、ダブルドラゴンの「DDMP」、フィリンベストの「Filinvest REIT」に続く4つ目。RCRには国内外の機関投資家が関心を示し、国内52州と14ヵ国の投資家がIPO(新規上場)に参加したという。

同REITに組み込まれる物件は、フィリピン経済特区庁(PEZA)認定の商業用不動産14棟であり、総賃貸可能面積(GLA)は42万5,315㎡。初期ポートフォリオとしては、マカティ、ボニファシオ・グローバルシティ(BGC)、オルティガスの中央ビジネス地区(CBD)の物件が全体の94%を占める。RLCは今後も年1~2物件を新たに組み入れていく考えを示している。

RCRのフレデリック・ゴーCEOは、「時価総額最大のREITとして、外国ファンドの資金を引き付けることができた」と満足気にコメント。また、上場式典に参加したカルロス・ドミンゲス財務相も、RCRに対する関心は「フィリピン経済がパンデミックがもたらした困難からの確実な回復に向けて、順調に歩みを進めているということを確信させるもの」だとコメントしている。

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.09.22 NEW
米グーグル、ニューヨーク中心部のオフィスビルを21億ドルで購入へ

米IT大手アルファベット傘下のグーグルは21日、ニューヨーク中心部のマンハッタンに建つオフィスビルを、21億ドル(約2,290億円)で購入することを明らかにした。アメリカにおける単一のオフィスビル取引としては、過去最高額になるという。 購入するのは、マン...[記事全文]

2021.09.21 NEW
タイ大手財閥サハグループ、バンコクで国内最高層ビルの建設に着手

タイの大手財閥サハ・グループ傘下のサハ・キャピタル・タワーはこのほど、首都バンコクで国内最高層ビルとなる「キングブリッジ・タワー」(2024年完成予定)の建設を開始した。 同物件は、チャオプラヤ川近くのラマ3世通りに開発されるもので、日本の大手ゼネコンで...[記事全文]

2021.09.17
マレーシア不動産取引件数、21年上期は前年の反動で21%の大幅増

マレーシア財務省傘下の国家不動産情報センター(NAPIC)によると、2021年上半期(1~6月)の不動産取引件数は前年同期比21%増の13万9,754件、取引総額は32.1%増の620億1,000万リンギ(約1兆6,300億円)となった。 新型コロナウイルス...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2021年09月15日