海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2022.01.17
セブ不動産大手CLI、21年の予約販売額は過去最高の165億ペソ

フィリピン・セブ州を本拠とする不動産開発大手セブ・ランドマスターズ(CLI)はこのほど、2021年の予約販売額が前年比16%増の165億ペソ(約360億円)となり、過去最高を記録したことを明らかにした。

CLIは昨年、住宅プロジェクト10件(180億ペソ相当)を発売。そのうち低価格ブランド「カーサ・ミラ」が41%を占め、ハイエンドブランド「プレミア・マスターズ」は31%、ミドルブランド「ガーデン・シリーズ」は27%だった。

成約率は完成物件が96%、建設中の物件が86%といずれも高水準を記録。中でも、セブ州マクタン島の「コスタ・ミラ・ビーチタウン・マクタン」の売れ行きが好調で、発売開始から1ヵ月で成約率は92%に達したという。

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2022.05.20 NEW
22年4月の米中古住宅販売件数は2.4%減、価格は過去最高

全米不動産協会(NAR)によると、2022年4月の中古住宅販売件数(季節調整済み)は、年率換算で前月比2.4%減の561万戸となり、2020年6月以来の低水準を記録した。減少は3ヵ月連続となる。 ただ、深刻な住宅在庫の不足が続く中、販売価格(中央値)は前...[記事全文]

2022.05.20 NEW
ハワイ州の家賃相場、2019~22年に12.6%上昇

家主向けにオンライン賃貸物件管理ソフトウェアを提供するステッサによると、2019~2022年の間に、ハワイ州の家賃相場の中央値は12.6%上昇し、2,526ドル(約32万2,800円)となったことがわかった。 地域別では、オアフ島のホノルル市街地では、家...[記事全文]

2022.05.20 NEW
フィリピンが3年半ぶりの利上げを決定、インフレ圧力に対応

フィリピン中央銀行は19日に開催した金融政策決定会合で、政策金利に当たる翌日物リバースレポ金利を0.25ポイント引き上げ、2.25%とすることを決めた。利上げは2018年11月以来、3年半ぶりとなる。 ウクライナとロシアの紛争や最低賃金の引き上げを背景にイン...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2022年01月17日