海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2022.05.20
フィリピンが3年半ぶりの利上げを決定、インフレ圧力に対応

フィリピン中央銀行は19日に開催した金融政策決定会合で、政策金利に当たる翌日物リバースレポ金利を0.25ポイント引き上げ、2.25%とすることを決めた。利上げは2018年11月以来、3年半ぶりとなる。

ウクライナとロシアの紛争や最低賃金の引き上げを背景にインフレ圧力が高まる中、コロナ禍で続けてきた歴史的な低金利政策を修正し、物価抑制に舵を切る。また、新型コロナウイルス関連の規制が大幅に緩和された中、今年第1四半期(1~3月)の実質GDP成長率が前年同期比8.3%増となるなど、経済活動が活発化していることも金融政策の正常化を後押しした。

ベンジャミン・ジョクノ中銀総裁は会見で、「根強いインフレ圧力は、迅速な金融政策でインフレ期待を安定させる必要性があることを示している」と説明。また、「国内経済や雇用環境の力強い回復も、新型コロナウイルスの流行に起因する公的な介入を縮小させる余地を生じさせている」とも語った。

一方、今後もエネルギー価格や食品価格の高騰・高止まりが続く可能性があることを懸念。また、最低賃金の引き上げ幅が想定以上となった中、物価上昇が一段の賃上げを誘発し、さらなる物価上昇に繋がるといった相乗的な効果が広がることにも警戒感を示した。

なお、4月の消費者物価指数(CPI)は、前年同期比4.9%の上昇と、3年4ヵ月ぶりの高水準を記録。中銀は2022年通年の平均インフレ率が4.6%となり、インフレ目標である2.0~4.0%を上回る水準になると見ている。

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2022.06.24 NEW
フィリピン中銀が0.25%の追加利上げを決定、2会合連続

フィリピン中央銀行は23日に開催した金融政策決定会合で、政策金利にあたる翌日物借入金利(RRP)を0.25ポイント引き上げ、2.50%とすることを発表した。利上げの決定は、2会合連続となる。 中銀はコロナ禍に対応するため、2020年11月に2.00%まで利下...[記事全文]

2022.06.24 NEW
22年1Qのフィリピン住宅価格指数5.6%上昇、首都圏堅調

フィリピン中央銀行によると、2022年第1四半期(1~3月)の住宅価格指数(RREPI、2014年第1四半期=100)は前年同期比5.6%上昇の139.6となり、3四半期連続でのプラス成長となった。地域別では、マニラ首都圏が9.5%上昇、首都圏以外が5.0%だった。 ...[記事全文]

2022.06.23
マレーシア、2022年の観光客誘致目標を450万人に上方修正へ

マレーシアのナンシー・シュクリ観光・芸術・文化相はこのほど、今年の外国人観光客の誘致目標について、従来の200万人から9月にも450万人へと上方修正する可能性があることを明らかにした。 上方修正の背景には、4月1日に外国人観光客の受け入れを再開して以降、想定...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2022年05月20日