海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2023.06.20
ホノルル、賃貸用不動産オーナーの税負担を一時軽減へ

ホノルル市議会はこのほど、複数の家を所有しており、オアフ島内で賃貸収入を得ているオーナーに対し、賃貸用不動産の不動産税を一時的に軽減する案を全会一致で承認した。減税期間は、2023年7月1日~2024年6月30日まで。

オアフ島民の約40%は賃貸住宅に暮らしているが、世界的なインフレが続く中、家賃にも上昇圧力がかかっている。そのため、賃貸用不動産オーナーの税負担を軽減することで、なるべく家賃の引き上げをすることなく賃貸を継続してもらう狙いがある。

減税対象となるのは、住宅A不動産カテゴリーに属する物件の所有者約3万人。住宅A不動産とは、不動産評価額100万ドル(約1億4,200万円)以上で、住宅控除の対象となっていない、住宅ゾーニングのR-3.5、R-5、R-7.5、R-10、R-20に位置する物件のことを指す。

現行の税制では、不動産評価額100万ドルまでの部分(Tier1)は評価額の0.45%、100万ドル以上の部分(Tier2)は評価額の1.05%の税率が課されている。ただ、今回の優遇策によって、評価額100万ドルまでの部分について0.4%に引き下げられる。これにより、税額は4,500ドルから4,000ドルへと減額されるという。

ハワイ不動産についての最新情報

ハワイ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2024.05.30 NEW
ハノイ市、集合住宅開発における人口基準を設定

ベトナムの首都ハノイ市人民委員会は27日、集合住宅(アパートメント)や商業施設を併設する複合集合住宅などを開発する際の基準となる人口目標を設定した。 詳細計画や敷地計画、建設計画の段階では、集合住宅や複合集合住宅の人口は1戸当たり3.6人を基準とする。間...[記事全文]

2024.05.28 NEW
セブ市、クリエイティブ産業特区を開発へ

フィリピン中部のセブ市政府はこのほど、クリエイティブ産業特区「セブ・クリエイティブ・ディストリクト」の開発を目指す方針を明らかにした。 市内にある40~60ヘクタールの敷地に、映画製作、エンターテインメント、文化芸術、デザイン、建築などのクリエイティブ産業を...[記事全文]

2024.05.27 NEW
比ケソン市の高級IR施設「ソレア」が開業、観光促進へ

フィリピンの大富豪エンリケ・ラソン氏が率いるカジノ運営企業ブルームベリー・リゾーツは25日、マニラ首都圏ケソン市に高級IR(統合型リゾート)施設「ソレア・リゾート・ノース」を開業した。 ブルームベリーにとっては、マニラ湾岸エリアの「ソレア・リゾート・エンター...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2023年06月20日