海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2023.10.12
東南アで単身世帯が拡大、30年まで2割増の国も

米コンサルティング大手ベイン&カンパニーや米SNS大手メタ・プラットフォームズは、このほど公表したレポート「ボールド・ムーブズ:東南アジアの消費者成長の次の波」の中で、2030年にかけて東南アジア主要6ヵ国(シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナム)における単身世帯の増加率が、複数人世帯を上回るとの見通しを示した。

同レポートは、東南アジア主要6ヵ国の消費者9,000人と大手消費財企業の幹部を対象に行った調査に基づくもの。

レポートによると、現在、東南アジアでは複数人世帯が大半であり、全世帯に占める割合は小規模世帯(2~3人)が38%、4人以上の世帯が50%となっている一方、単身世帯は12%にとどまっている。

しかし、2023年から2030年にかけては世帯の少人数化の傾向が強まる見通しで、年平均増加率は4人以上の世帯が0.6%増にとどまる一方、単身世帯は2.4%増、小規模世帯は1.2%増となる見ている。特に単身世帯の伸びが大きく、その背景には高齢独身者の増加、キャリア志向による若者の晩婚化、大都市への出稼ぎによる購買力の上昇などがあるという。

また、国別で見るとシンガポール、タイ、フィリピンにおける単身世帯の増加が顕著となる見通しで、2030年までにいずれも2割増えると予測されている。

海外不動産についての最新情報

海外不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2024.03.01 NEW
ニトリ、フィリピン1号店を4月にも開業へ

家具・インテリア用品大手ニトリ・ホールディングスが、早ければ4月にもフィリピン1号店を開業する予定であることがこのほどわかった。 出店場所は、マニラ首都圏タギッグ市の近未来都市ボニファシオ・グローバルシティ(BGC)にある商業施設「三越BGC」を予定。すでに...[記事全文]

2024.03.01 NEW
タイの住宅ローン却下率、低価格帯で上昇が顕著に

CIMBタイ銀行はこのほど、低価格住宅向けの住宅ローンにおける申請却下率が、今後一段と上昇する可能性があるとの見通しを示した。 同行は、住宅価格300万バーツ(約1,260万円)以下の物件におけるローン却下率が、昨年の50~60%から今年は65~70%に...[記事全文]

2024.02.21
フィリピンの特別退職居住ビザ、申請年齢の引き下げ検討

フィリピン退職庁(PRA)のロベルト・ゾゾブラド長官はこのほど、特別退職者居住ビザ(SRRV)の申請下限年齢を、現行の50歳から35歳に引き下げる方向で入局管理局と協議する考えを明らかにした。 SRRVは、一定の条件を満たした外国人に対し、永住権と数次入国ビ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2023年10月12日