海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2023.11.16
23年3Qのマレーシア住宅在庫は14%減も、低中価格帯に課題

マレーシア財務省傘下の国家不動産情報センター(NAPIC)によると、2023年第3四半期(7~9月)の住宅在庫は、前年同期比14.2%減の2万5,331戸だった。

住宅在庫のうち62.2%の1万5,736戸が高層住宅。地域別では、ジョホール州が4,500戸と最も多く、以下、ペナン州(3,625戸)、セランゴール州(3,296戸)、クアラルンプール(3,111戸)と続いた。

また、価格帯別では30万リンギ以下の物件が住宅在庫の27.5%(6,955戸)、50万~100万リンギの物件が29.4%(7,448戸)を占め、100万リンギ以上の物件は15.6%(3,953戸)にとどまっている。

低中価格帯の在庫が多い理由としては、政府が投機抑制策として外国人が購入できる不動産を原則100万リンギ(約3,200万円)以上に制限(一部地域は異なる)していることが考えられる。一方、イスカンダル計画が進むジョホール州では、開発が外国人需要を見込んだ高級物件に偏重していることから、地元の実需層との間でミスマッチが起きている面もある。

マレーシア不動産についての最新情報

マレーシア不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2024.06.24 NEW
タイ、コンドミニアムの外国人所有枠を拡大へ

タイ内閣がこのほど内務省に対し、コンドミニアム(マンション)の外国人所有枠を、現行基準である開発ユニットの最大49%から同75%へと拡大する方向で法改正の準備を進めるよう指示したことがわかった。 また、外国人向けの借地権(リースホールド)の期間についても...[記事全文]

2024.06.21 NEW
大和ハウス、タイのホテル開発に初参画

大和ハウス工業は20日、タイの不動産開発大手SCアセット・コーポレーションとのパートナーシップ契約の下、バンコクのホテル開発事業に参画することを発表した。大和ハウスにとって、タイで初めてのホテル開発事業となる。 開発に参画するのは、SCアセットがバンコク...[記事全文]

2024.06.20
マレーシア、外国人向け長期滞在ビザ「MM2H」の新条件を発表

マレーシアのティオン・キンシン観光芸術文化相はこのほど、外国人向け長期滞在ビザ「マレーシア・マイ・セカンド・ホーム(MM2H)」の、新たな取得条件を発表した。新制度では、「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」の3つのカテゴリーが設けられ、それぞれ取得に必要な資産要件や有効期...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2023年11月16日