海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2023.11.20
23年3QのマレーシアGDP成長率3.3%増、内需堅調

マレーシア中央銀行によると、2023年第3四半期(7~9月)の実質GDP成長率(速報値)は前年同期比3.3%増となり、前期(2.9%増)から伸びが加速した。

詳細を見ると、世界経済の低迷を受けて輸出が同12%減と低迷。一方、雇用情勢の改善で民間消費が同4.6%(前期4.3%増)と堅調に推移したほか、政府消費も5.8%増(前期3.8%増)となるなど、内需の底堅さが下支えした。

アブドゥル・ラシード・ガフォール中銀総裁は今後について、外需の低迷や一次産品の生産減などがリスク要因になるとしたものの、観光産業や電子・電気産業の回復、設備投資の拡大などを背景に堅調な推移が続くと予測。2023年の経済成長率見通しを4%、2024年を4~5%とした。

マレーシア不動産についての最新情報

マレーシア不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2024.05.21
24年1QのタイGDP成長率は1.5%増、輸出低迷で減速

タイ国家経済社会開発委員会(NESDC)によると、2024年第1四半期(1~3月)における実質GDP成長率(速報値)は前年同期比1.5%増と、前期(1.7%)から減速し、東南アジア主要国6ヵ国の中で最低の伸びにとどまった。 詳細を見ると、主力の製造業が3...[記事全文]

2024.05.20
24年1QのマレーシアGDP成長率は4.2%、内外需とも堅調

マレーシア中央銀行によると、2024年第1四半期(1~3月)における実質GDP成長率(速報値)は、前年同期比4.2%増となり、前期(2.9%増)から加速した。 詳細を見ると、雇用の改善と賃金の伸びを背景に、民間消費が前年同期比4.7%増と、前期の4.2%増か...[記事全文]

2024.05.16
マレーシア政府、複合住宅開発の規制法案を提出へ

マレーシアのデビッド・ガ・コーミン住宅・地方政府相はこのほど、マレー半島を対象とする新たな不動産開発法案を、2025年にも連邦議会に提出する考えであることを明らかにした。 現行の「1966年住宅開発法」では、住宅のみが対象となっているため、商業施設やオフィス...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2023年11月20日