海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2023.11.21
23年3QのタイGDP成長率は1.5%増、外需低迷が響く

タイ国家経済社会開発委員会(NESDC)によると、2023年第3四半期(7~9月)の実質GDP成長率(速報値)は前年同期比1.5%増と、3四半期ぶりの低水準にとどまった。

業種別に見ると、農業が0.9%増、非農業が1.5%増とともに前期から減速。非農業のうち、サービスは観光業の回復を背景に3.9%増と堅調だった一方、工業は欧米や中国の景気減速が足かせとなり、2.8%減と前期からマイナス幅が拡大した。

今回の結果を受けてNESDCは、2023年通年のGDP成長率見通しを2.5%増と、従来の予想レンジ(2.5~3.0%増)の下限に修正した。一方、2024年については、2.7~3.7%増と持ち直しを予測。来年5月に経済対策として実行される、16歳以上の国民を対象とした1万バーツ(約4万2,200円)のデジタル通貨給付(総額2兆1,100億円規模)が、景気を下支えすると見ている。

タイ不動産についての最新情報

タイ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2024.06.24 NEW
タイ、コンドミニアムの外国人所有枠を拡大へ

タイ内閣がこのほど内務省に対し、コンドミニアム(マンション)の外国人所有枠を、現行基準である開発ユニットの最大49%から同75%へと拡大する方向で法改正の準備を進めるよう指示したことがわかった。 また、外国人向けの借地権(リースホールド)の期間についても...[記事全文]

2024.06.21 NEW
大和ハウス、タイのホテル開発に初参画

大和ハウス工業は20日、タイの不動産開発大手SCアセット・コーポレーションとのパートナーシップ契約の下、バンコクのホテル開発事業に参画することを発表した。大和ハウスにとって、タイで初めてのホテル開発事業となる。 開発に参画するのは、SCアセットがバンコク...[記事全文]

2024.06.20
マレーシア証券取引所、国際金融区「TRX」に本社移転へ

マレーシア証券取引所(ブルサ・マレーシア)はこのほど、首都クアラルンプール(KL)の国際金融区「トゥン・ラザク・エクスチェンジ(TRX)」への本社移転に向けた最終交渉を進めていることを明らかにした。 同社によると、TRX内に2019年に完成した106階建ての...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2023年11月21日