海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2024.01.29
マカティ市地下鉄計画が白紙撤回へ、代替案は検討

フィリピン・マニラ首都圏マカティ市のアビゲイル・ビナイ市長は25日、同市内とその周辺で計画していた「マカティ・シティ・サブウェイ(マカティ市地下鉄)」開発事業について、白紙に戻す方針を明らかにした。

白紙撤回の大きな理由としては、2022年の最高裁で元々マカティ市が管轄していた10のバランガイ(最小行政単位)について、タギッグ市に帰属するとの判決が下り、予定していた全10駅のうち約半数がタギッグ市の管轄地域となったことがある。

土地帰属問題を抱える中、マカティ市はタギッグ市と協力して現行の計画を進めることは困難だと判断。また、路線を短縮してマカティ市の管轄地域だけに整備したとしても、見込んでいた乗客数は期待できずに採算が取れないため、一旦白紙とすることが望ましいとの結論に至った。

なお、ビナイ氏によると現在、地下鉄整備計画において合弁事業契約を結んでいるフィリピン・インフラデブ・ホールディングス(PIHI)が、代わりとなる新たな交通インフラ計画を検討しているところだという。

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2024.04.19 NEW
ニトリがフィリピン1号店を開業、三越BGC内に

ニトリホールディングス(HD)は18日、フィリピンのマニラ首都圏タギッグ市にある近未来都市「ボニファシオ・グローバルシティ(BGC)」に、同国1号店を開業した。 1号店が入居するのは、商業施設「MITSUKOSHI BGC(三越BGC)」。3階フロアを独占す...[記事全文]

2024.04.17
マニラ首都圏パシッグ市のアルコビアシティ、IT特区に認定

フィリピンの不動産開発大手メガワールドはこのほど、マニラ首都圏パシッグ市ウゴン地区で進めているタウンシップ開発事業「アルコビア・シティ」が、フィリピン経済区庁(PEZA)から特別経済区(スペシャル・エコゾーン)に認定されたことを明らかにした。 アルコビア・シ...[記事全文]

2024.04.12
初の日米比首脳会談が開催、「ルソン経済回廊」を整備へ

アメリカの首都ワシントンのホワイトハウスで11日、史上初となる日米比首脳会談が開催され、経済と安全保障の両面で関係強化を進めていくことで合意した。 経済面では、主要7カ国(G7)などが主導して途上国のインフラ整備を支援する枠組み「グローバル・インフラ投資パー...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2024年01月29日