海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

特別コラム&記事

特別コラム&記事(詳細)

2015.06.11
【コラム】 需給ひっ迫が続くマカティCBDのオフィス市場

column-03

不動産サービス大手コリアーズ・インターナショナル・フィリピンが5月末に公表した、フィリピンの不動産市場に関する最新のレポートでは、マニラ首都圏マカティCBDのオフィス空室率が2016年第1四半期には1.4%と、15年第1四半期の2.2%から低下するとの見通しが示されました。また、オフィス賃料も向こう1年で、6.5%~7.6%上昇するとの予測も明らかにしています。

極めて低い空室率の背景には、ビジネス・プロセス・アウトソーシングを中心に外資系企業による拠点開設の動きが相次いでいるなど、首都圏のオフィス需要が旺盛な一方で、オフィス供給量が少ないことがあります。しかし、コリアーズ社は2015~17年のマカティCBDにおける新規オフィス供給量を「ゼロ」と予測しているなど、開発余地が限られてきている中、同地区のオフィス空室率は今後も低下傾向にあるとしています。

そうした状況の中、今後はマカティCBDの近郊に誕生するオフィスビルの需要が拡大していくことが予想され、特にフィリピンのNo.1デベロッパー「Ayala」グループが開発を進めている「The Stiles Enterprise Plaza(ザ・スタイルズ)」のように、周辺環境も充実した高級オフィスは人気が集まりやすく、投資用物件として注目度が高まっています。

なお、コリアーズ社はマカティCBD、ロックウェル、ボニファシオ・グローバルシティのコンドミニアムの賃料も、向こう1年で4.7~5.1%上昇すると予測しています。

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2019.09.05
【コラム】マニラ首都圏で進む2つの地下鉄整備プロジェクトを解説!

metromanila-subway-platform フィリピンでは、今後のさらなる成長の礎を築くべく、ドゥテルテ政権が大型インフラ整備計画「Build Build Build(ビルド・ビルド・ビルド)」を進めており、まだまだ未発達な部分の多いインフラ面を改善するための開発が各所で行われています。 その目玉...[記事全文]

2019.07.24
【視察レポート】イギリス・リバプールの学生向け物件「NATEX」

リバプールのスカイライン 2019年5~6月にかけて、歴史的な建造物が多く残り、ザ・ビートルズの故郷としても有名なイギリス中西部の大都市「リバプール」の現地視察を行ってきました。 リバプールは多くの大学が集まる学術都市としての顔も持ち合わせており、現在弊社がご紹介している学生向け...[記事全文]

2019.04.10
【視察レポート】ベトナムの複合リゾート「FLC Quy Nhon Beach & Golf Resort」

column-107 ベトナム南中部ビンディン省の中核都市であり、ベトナム人の国内旅行先として高い人気を誇るリゾート地「クイニョン」で、同国最大級のデベロッパー「FLCグループ」が開発を進めている、大型複合リゾート「FLC Quy Nhon Beach & Golf Resort(FLC ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2015年06月11日