海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

特別コラム&記事

特別コラム&記事(詳細)

2016.03.18
【コラム】シャングリラがついにオープン!今年もBGCから目が離せない

column-51

2016年3月1日、横浜みなとみらいを想わせる美しい街並みが広がる、マニラ首都圏の近未来都市「ボニファシオ・グローバルシティ(BGC)」に、注目の複合施設「シャングリラ・アット・ザ・フォート」がついにオープンしました。

発展著しいグローバルシティにおいて、遠目からでもひと際目を引くフィリピン国内最高層ビル(約250m)には、5つ星高級ホテル「シャングリラ・アット・ザ・フォート・マニラ」やサービスアパートメント、延べ床面積8,000㎡の巨大スポーツクラブ「ケリースポーツ・マニラ」、レストランなどが入居。最大収容人数1,200人の多目的ホールも設けられるなど、国際的なイベントも開催できるようなシンボリックな施設となっています。

シャングリラ エントランス シャングリラ ロビー

ところで、2000年代に入り、急速に発展を遂げているグローバルシティですが、2、3年前と比べても明らかに道行く人や車の数が増えているなど、街の雰囲気がいい意味で変わってきています。ここ数年で住宅やオフィス、商業施設などの整備が著しく進捗し、国内外の大手企業による重要拠点の開設や、フィリピン経済特区庁や知的財産局などの政府機関の移転も進む中で、中核都市として上手く機能し始めている印象があります。

また、日系企業の進出も相次いでいる中、グローバルシティには日本食レストランも多く出店していますが、現地の人にとっては決して安い金額ではないにも関わらず、平日昼間から多くの人で賑わっているなど、訪れる度に進化していくグローバルシティの姿には、当社スタッフからも驚きと感嘆の声が上がっています。

グローバルシティ 街並み グローバルシティ ビル群

シャングリラと並ぶ新たなランドマークとして開発が進む高さ約250mの超高層ビル「メトロバンク・センター・ビル」内に、5つ星高級ホテル「グランド・ハイアット・ホテル」が2016年末にオープン予定であるほか、フィリピン証券取引所がシャングリラの隣接地に年内にも移転予定であるなど、今年もますます目が離せない「ボニファシオ・グローバルシティ」。

まずは実際に現地に赴き、これまでの発展度合いや今後の将来性を肌で感じてみてはいかがでしょうか?

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.03.13
新時代を迎えるニューヨーク不動産投資を成功させる3つのポイント

manhattan-skyline 世界経済をけん引し、金融、商業、文化など様々な面で世界の中心となっているアメリカ最大の都市「ニューヨーク」。常に世界中の投資家から注目が集まるニューヨークの不動産マーケットは、継続的に流入する多額の投資資金によって力強く支えられていますが、近年は法改正や生活スタイルの...[記事全文]

2019.09.05
【コラム】マニラ首都圏で進む2つの地下鉄整備プロジェクトを解説!

metromanila-subway-platform フィリピンでは、今後のさらなる成長の礎を築くべく、ドゥテルテ政権が大型インフラ整備計画「Build Build Build(ビルド・ビルド・ビルド)」を進めており、まだまだ未発達な部分の多いインフラ面を改善するための開発が各所で行われています。 その目玉...[記事全文]

2019.07.24
【視察レポート】イギリス・リバプールの学生向け物件「NATEX」

リバプールのスカイライン 2019年5~6月にかけて、歴史的な建造物が多く残り、ザ・ビートルズの故郷としても有名なイギリス中西部の大都市「リバプール」の現地視察を行ってきました。 リバプールは多くの大学が集まる学術都市としての顔も持ち合わせており、現在弊社がご紹介している学生向け...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2016年03月18日