海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.11.30
明治屋のシンガポール旗艦店、ミレニアウォーク内にオープン

日本の高級スーパーである明治屋は28日、シンガポールの中心部の高級商業施設「ミレニアウォーク・ショッピングモール」内に、旗艦店となる「明治屋シンガポールストアー・ミレニアウォーク店」を開業した。

2003年のシンガポール進出時から営業を続けてきたリャンコート店が、入居するビルの建て替えに伴い今年3月末に閉店したが、今回の新店舗の出店により、シンガポールの明治屋は「ミレニアウォーク店」と「グレートワールドシティ店」の2店舗体制に戻ることになる。

ミレニアウォーク店は、従来と同様に日本から直輸入した商品を中心に販売する店舗となる。また、新たなコンセプトとして日本の青果や精肉、鮮魚、すし、デリカテッセン、日本独自のコンセプトのベーカリー、日本酒を中心とした専門店も併設。

さらに、キリンビール現地法人の支援を受け、アウトサイドテラスにビアガーデンを併設し、店内で購入した惣菜などを食べながらビールなどが飲める憩いの場も提供されている。

シンガポール不動産についての最新情報

シンガポール不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.01.13
サービスアパート大手アスコット、20年は過去最多の1.4万室を追加

シンガポールの政府系不動産開発会社キャピタランド傘下のサービスアパートメント運営大手のアスコットは12日、2020年に世界で新たに71軒・客室1万4,200室を追加したことを発表した。これは2019年を超えて過去最多になるという。 大幅な客室増加の背景に...[記事全文]

2021.01.05
シンガポールの民間住宅価格指数、20年Q4は2.1%上昇

シンガポールの都市再開発庁(URA)によると、2020年第4四半期(10~12月)の民間新築住宅価格指数(2009年第1四半期=100)は、前期比2.1%上昇の157.0となった。 物件種別ごとに見ると、一戸建て住宅(Landed Property)が2...[記事全文]

2021.01.05
20年のシンガポールGDP成長率は5.8%減、19年ぶりマイナス成長

シンガポール貿易産業省によると、2020年第4四半期(10~12月)のGDP成長率は前年同期比3.8%減となり、4四半期連続でのマイナス成長を記録した。これにより、2020年通年のGDP成長率は前年比5.8%減と、2001年以来19年ぶりのマイナス成長となった。 ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年11月30日