海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2023.03.03
シンガポールの投資永住権、15日から適用条件を厳格化

シンガポール経済開発庁(EDB)はこのほど、海外の投資家や実業家を誘致する目的で導入している永住権付与制度「グローバル・インベスター・プログラム(GIP)」の適用条件を、今月15日から引き上げることを発表した。

オプションAについては、シンガポールの新規事業や既存事業への最低投資額(資本金含む)を、従来の250万Sドル(約2億5,350万円)から1,000万Sドルへと引き上げる。また、永住権を更新する際には、30人以上の従業員を雇用していることが求められ、そのうち半数はシンガポール人、10人は新規雇用者である必要がある。

オプションBについては、国内企業に投資する「GIPファンド」への最低投資額を、従来の250万Sドルから2,500万Sドルへと引き上げる。

オプションCについては、従来はシンガポールに運用資産残高2億Sドル以上のファミリーオフィス(富裕層一族の資産管理会社)を設置し、シンガポール取引所(SGX)上場企業などに250万Sドル以上を投資すればよかったが、これを5,000万Sドル以上の投資に条件を引き上げる。

シンガポール不動産についての最新情報

シンガポール不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2024.02.20
シンガポール、居住用不動産の固定資産税負担を一部軽減へ

シンガポールのローレンス・ウォン副首相兼財務相このほど、居住用不動産の年次評価額(貸し出しを行った場合の年間想定賃料を基に算出)が想定を上回る上昇となったことを受け、2025年1月から固定資産税の負担軽減措置を導入することを発表した。 シンガポールでは、固定...[記事全文]

2024.02.16
23年の在外フィリピン人送金額、3年連続で過去最高

フィリピン中央銀行によると、2023年通年の海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの本国送金額(銀行経由のみ)が、前年比2.9%増の334億9,100万ドル(約5兆240億円)となり、3年連続で過去最高を更新した。 世界的に経済活動の正常化が進...[記事全文]

2024.02.15
多世代の富の構築に最適な国、シンガポールが世界3位に

英投資移住コンサルティング会社ヘンリー&パートナーズがこのほど初めて公表した、多世代にわたって富を築くうえで優位性のある国をランク付けする「ザ・ヘンリー・オポチュニティ・インデックス」で、シンガポールが世界3位にランクインした。 同調査は世界27ヵ国・地域を...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2023年03月03日