海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

特別コラム&記事

特別コラム&記事(詳細)

2015.12.03
【コラム】内藤忍氏/ マレーシアで感じた「長期・逆バリ」の重要性

column-15

先月末に、私が主宰している個人投資家向けの会員制セミナーの参加者と一緒に香港・シンガポールの視察旅行に出かけました。その合間に、マレーシアのジョホールバル(JB)の不動産視察も行いました。2年半ぶりに再訪したのですが、開発が着実に進み、街が落ち着いた雰囲気に変化しているのを感じました。走っている車も土砂を運ぶダンプカーだけではなく、乗用車が増えており、生活感が出てきています。

今回は、B地区と呼ばれる西側の海岸沿いのエリアに行きました。以前はまだ地盤も出来ていなかったところに新しいコンドミニアムが次々と建設されていました。プテリハーバーと呼ばれるヨットハーバーがある高級エリアでは、既に完成した施設もあり、飲食店には人が集まっていました。現地に定住して生活している人が増えていることがわかります。相変わらず、あちこちで工事が行われていますが、入居が始まった完成直後の物件もあり、これからさらに人口流入が増えていきそうです。

今後はコンドミニアムのような住宅だけではなく、オフィスビルの整備も予想されています。エリアによっては法人税の免除などの特典が得られることもあり、IT企業のようなオフィスの立地を選ばない業種にとっては、ビジネスの拠点としての魅力も増しています。家賃も安く、住居も近くに確保することができますから、新興企業の立ち上げに向いているロケーションだと思いました。

このように2年半前に比べ、街全体にはポジティブな変化を感じたものの、不動産マーケットは以前よりも落ち着いた雰囲気となっています。原油をはじめとする資源価格の下落によって、マレーシア経済はマイナスの影響を受けています。マレーシアリンギットも対円で一時34円台まで上昇しましたが、現在は30円を割れる水準まで下落しています。

また、マレーシアのジョホールバルの不動産価格は、シンガポールの不動産価格にも影響されています。シンガポール不動産も外国人に対する購入時の課税強化の効果もあって、かつての上昇基調から下落に転じています。ジョホールバルでも、一部の物件は割安に提供されるようになっています。

長期的には、シンガポールの中心部からジョホールバルを通り、最終的にクアラルンプールに抜けるマレー半島高速鉄道の計画もあります。2020年完成の予定が見直され、完成は遅れそうですが、ジョホールバルのB地区にも新駅が予定されており、具体化すれば大きなプラス材料になります。ジョホールバルのような長期で大規模な開発計画の評価は1年、2年で下すべきものではありません。むしろ、市場が落ち着いて、価格が下落するような局面が投資の好機とも考えられます。

2年前には懐疑的だったマレーシアのイスカンダル計画という壮大な実験。今回行ってみて投資対象としての魅力は、市場の評価とは対照的にむしろ以前より高まったように感じました。投資対象はコンドミニアムだけではなく、商業施設やオフィスまで幅広く提供されています。不動産投資は、一時のブームに乗るのではなく、冷静な視点で投資機会を探していくことが大切です。

※本コラムは、マネックス証券の創業にも参加された、資産デザイン研究所代表取締役の内藤忍氏より寄稿頂いた原稿を基に構成しています。

マレーシア不動産についての最新情報

マレーシア不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.04.30
コロナ禍のNYマンハッタン不動産を割安に購入するための投資戦略

ny-timessquare-image ※本コラムは、ニューヨーク提携企業「Blue Pacific Capital」の池田将洋氏から寄稿していただいた原稿を基に構成しています。 皆様こんにちは。Blue Pacific Capitalの池田将洋と申します。 今回は、コロナ禍というタイミング...[記事全文]

2020.03.13
新時代を迎えるニューヨーク不動産投資を成功させる3つのポイント

manhattan-skyline 世界経済をけん引し、金融、商業、文化など様々な面で世界の中心となっているアメリカ最大の都市「ニューヨーク」。常に世界中の投資家から注目が集まるニューヨークの不動産マーケットは、継続的に流入する多額の投資資金によって力強く支えられていますが、近年は法改正や生活スタイルの...[記事全文]

2019.09.05
【コラム】マニラ首都圏で進む2つの地下鉄整備プロジェクトを解説!

metromanila-subway-platform フィリピンでは、今後のさらなる成長の礎を築くべく、ドゥテルテ政権が大型インフラ整備計画「Build Build Build(ビルド・ビルド・ビルド)」を進めており、まだまだ未発達な部分の多いインフラ面を改善するための開発が各所で行われています。 その目玉...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2015年12月03日