海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

特別コラム&記事

特別コラム&記事(詳細)

2016.09.16
【コラム】大学進学者が増加するフィリピン、学生向け物件への投資に注目

column-73

経済成長に伴う所得の拡大や、海外出稼ぎ労働者(OFW)からの仕送りの増加で金銭的に余裕のある世帯が増えてきているほか、就職する上で「大卒」を最低条件としている企業も増えていることから、フィリピンでは大学進学者の増加が以前よりも顕著になってきています。

一例を挙げると、イギリスの大学評価機関クアクアレリ・シモンズ(QS)が、今月6日に発表した2016年版の「世界大学ランキング」で、フィリピン大学に次ぐ国内2位となった「アテネオ・デ・マニラ大学」では、数年前まで8,000人程度だった学生数が、足元では約1万2,000人にまで拡大しています。

こうした状況の中、新たな投資機会として注目したいのが「学生向け物件」です。

フィリピンでは、通常のコンドミニアムを学生1人で借りるのは予算的に難しいため、多くの学生はワンルームの部屋などを複数人でシェアして居住できるドミトリー(寮)型の物件を探すことになります。

このドミトリー物件は、学生にとっては学校近くの住居に低コストで住めるメリットがある一方、投資家にとっては通常賃貸時よりも1部屋当たりの賃料収入を拡大できるため、満床稼働となれば非常に高い利回りを期待できるという魅力があります。

しかし、ドミトリー物件は数が少ないため、大学が多く集まり、学生数も増加しているマニラ首都圏などでは空きを見つけるのが非常に難しく、もし見つけられても古く劣悪な環境な割りに、家賃も決して安くないといったものが大半となっています。

そのため、現在マニラ市の学術エリアなどで少数ながら開発が進められている学生向けドミトリー物件は、非常に高い競争力を発揮することが期待されており、新たな投資対象として注目されているのです。

フォーランドリアルティネットワークジャパンでは、より安定した賃貸需要を獲得できるよう厳選した、モダンな住空間が広がる家具・家電付きの学生向けドミトリー物件をご紹介しています。ご興味をお持ちの方は、お気軽にお問合せください。

参考物件

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.03.13
新時代を迎えるニューヨーク不動産投資を成功させる3つのポイント

manhattan-skyline 世界経済をけん引し、金融、商業、文化など様々な面で世界の中心となっているアメリカ最大の都市「ニューヨーク」。常に世界中の投資家から注目が集まるニューヨークの不動産マーケットは、継続的に流入する多額の投資資金によって力強く支えられていますが、近年は法改正や生活スタイルの...[記事全文]

2019.09.05
【コラム】マニラ首都圏で進む2つの地下鉄整備プロジェクトを解説!

metromanila-subway-platform フィリピンでは、今後のさらなる成長の礎を築くべく、ドゥテルテ政権が大型インフラ整備計画「Build Build Build(ビルド・ビルド・ビルド)」を進めており、まだまだ未発達な部分の多いインフラ面を改善するための開発が各所で行われています。 その目玉...[記事全文]

2019.07.24
【視察レポート】イギリス・リバプールの学生向け物件「NATEX」

リバプールのスカイライン 2019年5~6月にかけて、歴史的な建造物が多く残り、ザ・ビートルズの故郷としても有名なイギリス中西部の大都市「リバプール」の現地視察を行ってきました。 リバプールは多くの大学が集まる学術都市としての顔も持ち合わせており、現在弊社がご紹介している学生向け...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2016年09月16日