海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ、イギリス)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

特別コラム&記事

特別コラム&記事(詳細)

2016.09.06
【コラム】不透明な外部環境も関係なし!好調さ際立つフィリピン経済

column-72

フィリピン統計庁(PSA)が発表した2016年第2四半期(4~6月)の実質国内総生産(GDP)成長率は、前年同期比で7.0%の増加と四半期ベースでは3年ぶりの高水準を記録。GDPの7割を占める個人消費が7.3%と高い伸びを示すなど、引き続き堅調な内需が経済のけん引役となっています。

同時期のGDP成長率を他国と比べてみると、ベトナムが5.6%、インドネシアが5.2%、マレーシアが4.0%、タイが3.5%、シンガポールが2.1%などとなっており、東南アジア経済の中でもフィリピンの好調ぶりが際立っていることが分かります。

アメリカの利上げ観測や中国経済の減速など、外部環境に不透明要因が多い中でも好調を維持するフィリピン経済ですが、それを支えるのがフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)による本国送金と、ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)産業です。

豊富な英語人口を抱えるフィリピンは、海外への出稼ぎ労働者が多いことで知られ、1億人を超える人口の約1割が海外で働いていると言われています。2000年に60億5000万ドル(約6200億円)だったOFWからの本国送金額は、15年には257億6700万ドル(約2兆6500億円)と、GDPのおよそ1割を占める規模にまで拡大。2016年の送金額も、3月を除く全ての月で前年を上回っています。
手渡しなども含めれば、その規模は倍増するとも言われており、安定した送金フローが個人消費の下支え要因となっているのです。

また、かつては「産業がない」と言われてきたフィリピンですが、近年ではその状況も少しずつ変わり始めています。その代表例が、企業のバックオフィス業務などを受託するBPO産業で、非ネイティブ圏では世界トップクラスとも言われる英語力を持つ人材を、比較的低コストに雇えるフィリピンには、欧米の大手BPO企業が進出したり、金融機関やIT企業などがコールセンターを設置したりするなど、世界的なBPO拠点として台頭してきています。

さらに、最近ではソフトウェア開発、エンジニアリング、医療、会計、法務など、より高度で専門的な知識が必要となる業務を受託する「ナレッジ・プロセス・アウトソーシング(KPO)」の分野でも存在感が増してきているなど、従来よりも付加価値の高い産業が生まれてきていることが、フィリピン国民の所得拡大に大きく貢献しています。

所得水準の向上は新たな投資を呼び寄せることにも繋がっており、直近では三越伊勢丹ホールディングスが、マニラ近郊に日系初となる百貨店を開業する計画を明らかにするなど、日本の小売り・外食チェーンによるフィリピン進出も目立ってきています。

アキノ前政権下の6年間では、財政の健全化を通じて、フィリピンが海外からの投資を獲得するための土台作りに成功し、東南アジア屈指の高成長を記録。そして、今年6月末に新大統領に就任したロドリゴ・ドゥテルテ氏は、その流れをさらに力強いものとするため、アキノ前政権の良い点を引き継ぐと共に、外資規制の見直しによる外資誘致の強化やインフラ整備の加速、貧富の格差の是正などを重点政策として掲げています。

国際通貨基金(IMF)の世界経済見通し(2016年4月版)では、予測が発表されている2021年まで、フィリピンは毎年6%以上の高成長を遂げると予想しています。強気な言動と確かな実行力で支持を集めるドゥテルテ新大統領が、6年間の任期の中でどんな未来を見せてくれるのか…フィリピン経済からは今後もますます目が離せません。


関連記事

2018.08.13
【コラム】内藤忍氏/ 日銀の金融政策と海外不動産投資への影響

column-101 2018年7月は、日銀の金融政策の微妙な修正にマーケットが揺れました。金融緩和の継続は明確に表明したものの、長期金利の誘導上限を0.2%程度のレベルに引き上げると発表。黒田総裁の「従来の倍程度を念頭」というコメントによって長期金利が上昇し、その影響が世界に波及しました。 ...[記事全文]

2018.02.06
【コラム】内藤忍氏/ アメリカの利上げと世界経済への影響

column-98 欧米先進国の金利上昇が続いています。アメリカの長期金利の指標となる表面利率2.250%の10年物国債利回りは、3%近くまで上昇しています。これは、2014年以来約4年ぶりの高いレベルです。 アメリカが金融緩和から金利上昇に金融政策を転換し、欧州が追随するとの思惑がマーケ...[記事全文]

2017.11.15
【コラム】内藤忍氏/ 新興国不動産を買う前にしておくべきこと

column-97 このコラムの読者の皆様の多くは、海外不動産投資に興味を持っていると思います。フィリピンをはじめとする新興国不動産は、値上がり益と高い賃料収入が狙える魅力的な資産です。しかし、新興国不動産投資をいきなり始めるのは、素振りをしないで、いきなりバッターボックスに立つようなものです。...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2016年09月06日