海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(米国本土)

2020.04.24
20年3月の米新築住宅販売件数は15.4%減、減少率は13年7月以降で最大

米商務省が23日に発表した2020年3月の新築住宅販売件数(季節調整済・年率換算)は、前月比15.4%減の62万7,000戸となり、2013年7月以降で最大の減少率を記録した。 歴史的な低水準にある住宅ローン金利が下支...[記事全文]

2020.04.01
20年1月の米S&Pケース・シラー住宅価格指数は3.08%上昇

米調査会社S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが31日に発表した2020年1月のS&P/ケース・シラー住宅価格指数(20都市圏)は、前年同月比3.08%上昇の218.68となった。 低金利環境や良好な雇用情勢を背景に引...[記事全文]

2020.03.16
米FRBが緊急の追加利下げを決定、4年ぶりに実質ゼロ金利復活

米連邦準備制度理事会(FRB)は15日、連邦公開市場委員会(FOMC)を臨時開催し、政策金利に当たるフェデラルファンド・レート(FF金利)を1%引き下げ、0.00~0.25%にすることを決めた。 FRBは今月3日に...[記事全文]

2020.03.04
米FRBが0.5%の緊急利下げ、新型コロナのリスクに対応

米連邦準備理事会(FRB)は3日、臨時の連邦公開市場委員会(FOMC)を開催し、新型コロナウイルスの感染拡大による経済への悪影響を防ぐため、政策金利に当たるフェデラル・ファンド(FF)金利の誘導目標を、従来の1.00~1.75%から...[記事全文]

2020.02.27
20年1月の米新築住宅販売件数、12年半ぶりの高水準

米商務省が今月26日に発表した2020年1月の新築住宅販売件数(季節調整済・年率換算)は、前月比7.9%増の76万4,000戸となり、2007年7月以来、12年半ぶりの高水準を記録した。 歴史的な低水準にある住宅ローン...[記事全文]

2020.02.20
20年1月の米住宅着工件数は3.6%減も、許可件数は13年ぶり高水準

米商務省が19日に発表した2020年1月の住宅着工件数(季節調整済み・年率換算)は、前月比3.6%減の156万7,000戸となった。また、2019年12月の住宅着工件数については、当初発表の160万8,000戸から162万6,0...[記事全文]

2020.01.31
19年の米GDP成長率は2.3%増、3年ぶりの低い伸び

米商務省が発表した2019年第4四半期(10~12月)の実質GDP成長率は、年率換算で2.1%増となった。これにより、2019年通年の実質GDP成長率(速報値)は前年比2.3%増と、トランプ政権が誕生した2016年以来、3年ぶり...[記事全文]

2020.01.29
米S&P/ケース・シラー住宅価格指数、19年11月は2.55%の大幅上昇

米調査会社S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが28日に発表した2019年11月のS&P/ケース・シラー住宅価格指数(20都市圏)は、前年同月比2.55%上昇の218.68となった。 低金利環境や良好な雇用情勢を背景に...[記事全文]

2020.01.20
19年12月の米住宅着工件数は16.9%増の161万戸、13年ぶり高水準

米商務省が17日に発表した2019年12月の米住宅着工件数(季節調整済・年率換算)は、前月比16.9%増の160万8,000戸となり、2006年12月以来、13年ぶりの高水準を記録した。 歴史的な低水準にある住宅ロ...[記事全文]

2019.12.25
19年11月の米新築住宅販売は1.3%増、直近3ヵ月は12年ぶり高水準

米商務省によると、2019年11月の新築住宅販売件数(季節調整済み・年率換算)は、前月比1.3%増の71万9,000戸だった。一方、前回10月の数値は、当初発表の73万3,000戸から71万戸へ下方修正された。 直近3...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索